2008年12月26日 (金)

よいお年をー★★

今朝の京都は、小雪がチラチラ。

なんとも風流なかんじでございました。

なんてのんびりしたことは言ってられないくらい、

寒かったー!

クリスマスもあっけなく過ぎ、本格的に年の瀬ムードに包まれています。

アレ片付けなきゃ。

コレやってしまわなきゃ。

もーとにかく気ぜわしいのですが、アレもコレも、体調が崩れてしまってはお話になりません!

年末の健康管理は抜かりなく!

Usi01

来年は丑年、ということで、北野天満宮の丑さんです。

他にも色んなバリエーションの丑がいる北野さん。

今年はそんなわけでいつもより一層人が多いんだろうなー

Usi02

こんなモザイク丑も。

というわけで本ブログをたまには覗いていただいてた皆様。

応援いただき、一年間本当にありがとうございました!

今後はさらにパワーアップして、様々な京都を綴っていけたらいいなーと考えております。

そのためには、お正月も寝正月にならずに色んなとこに遊びにいきたいなあぁあ。

どうでしょうね。

ダラダラしてしまいますかねー。。

がんばるぞー

皆様もよいお年を!!!!

お正月の胃疲れの日に食べたい、京都吉兆のお鯛茶。

ブログランキングです★
ぜひぜひ1ポチよろしくお願いします ~
↓↓↓↓↓↓
Banner_02_1

投稿者 老舗モール 時刻 15時49分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

「祇園祭 手拭い巡行展」

場所は丸太町知恵光院にあるNHK放送局の廊下。

そこに、こんなものが展示されていたそうです。

Tenugui01

祇園祭の手ぬぐい。

↑これは長刀鉾のお稚児さんが鉾に乗ってる様子を手ぬぐいにしたものですね。

Tenugui02_2

祇園祭に関連する手ぬぐいが30点以上ズラーリ!

威勢のよい字で書かれたこの小さな展覧会のタイトルは、

Tenugui03

「祇園祭 手拭い巡行展」。

これは数日前撮影されたもので、残念ながら既にこの展覧会は終了しているとのこと。

しかしなかなか魅力的な展示品の数々。

とくとご覧ください^^

Tenugui04

手拭いは細長い布のキャンバス。

どんなデザインだって描けるし、その分オシャレなものはうんとオシャレで、ダサイものはうんとダサイ。

最近は手ぬぐいブームで、繁華街にも次々と手ぬぐいショップがオープンしてますよね。

Tenugui05

それもかなり若い人向きのデザインで。

手ぬぐいを手ぬぐいの本来の使い方で愛用してる若者って、そう多くはないと思うんだ。うん。

本来の手ぬぐいの使い方ってのは、人が隣でこけたりなんかして肘をすりむいて血が出ちゃったりなんかしたら、手ぬぐいをビリッとやぶって応急処置、、

映画でしか見たことありません。。

ま、怪我はアレですけど手ぬぐいには本当に様々な使い道があり、手で裂いて小さくして使えるように、端は切りっぱなしになっているのですよね。

まあ今の人は、スカーフ代わりや、バンダナ代わり、すなわちおしゃれアイテムとして手ぬぐいを認識しているようです。

Tenugui06

なにが言いたいかというと、この鯉の手ぬぐいとか、よく見たらものすごくおしゃれじゃないですか!?

というか写真で見たこの展覧会の手ぬぐい、全部かっこいい。

歴史に裏付けられたモチーフはやっぱりかっこいいんですかね~

「手拭い巡行展」ということは、今もどこかに巡行して展示されているのでしょうか?

検索してみたのですが、残念ながら情報得られず、、

しかしなかなか素敵なものを魅せてもらいました^^

ありがとうMさん★

こちらは京都便利堂の、鳥獣戯画の手ぬぐい。

鳥獣戯画 手拭い(ピンク/グレー)

ポップなピンクがスパークリングー!

ブログランキングです★
ぜひぜひ1ポチよろしくお願いします ~
↓↓↓↓↓↓
Banner_02_1

「手ぬぐい巡行展」はここで行われていましたのだ↓

投稿者 老舗モール 時刻 18時43分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

木屋町と旧立誠小学校

木屋町四条にある、旧立誠小学校の前を、お昼頃通りました。

Kiyamachi01

立誠小学校は、明治 2 (1869) 年に創立。

以来124年という、日本でも最古の歴史をもつ小学校の 1 つです。

しかし児童数の減りにともない、1993年に残念ながら閉鎖されてしまいました。

校舎だけは廃校後もそのまま残され、様々な行事やイベントに活用されたり、また、夜は祇園木屋町特別警察隊の拠点として、パトカーが玄関にズラリと並んでいることも。

正面玄関の右に見えるのは木屋町を流れる人口河川、高瀬川を作った、角倉了以の顕彰碑が。

Kiyamachi02

そして正門の前では高瀬川がいつもと変わらぬ清らかなせせらぎを見せ、桜の木漏れ日も美しく、京都らしい風情に溢れています。

Kiyamachi03

このように、昼間は人通りも少なく穏やかな風情をたたえる木屋町ですが、なんといってもここは京都の歓楽街の中心

夜になると、ガラリと様子が変わります。

お酒を出すお店の看板は超原色、色とりどりのネオンと、お酒を飲んだ人々で溢れ、まさにギラギラの「夜の街」。

立誠小学校がなくなる1993年までは、飲み屋街といえどもそれなりに街の秩序は保たれていたそうです。

古き良きお店も残り、賑やかな中にも、京都らしい風情を忘れない夜の木屋町であった。とのこと。

小学校の存在が周辺の風俗店などの出店を規制していたのに、廃校になった途端に木屋町にはタガが外れたように新しい店が立ち、街の治安は荒れまくりました。

こうなることは予測できたはずなのに、今や、木屋町の夜の景観は「美しくない」を通り越して大人の我々でも「歩くのがちょっとこわい」と感じるくらいに。

これは相当です。

廃校から12年後の2005年、この変わり果てた木屋町をなんとかしなければと、京都市が立誠小学校を再び「小学校用地」に指定し、新規で風俗店などは出店できないよう規制はかかりました。

が、

建ってしまったお店は消しゴムで消すように簡単にはなくなりません。

昔の木屋町の風情が戻ってくるのは、何年先になるのでしょうか~。

Kiyamachi04

立誠小学校の付近は、土佐藩邸跡でもあります。

しかし今宵も、この歴史的土地にギンギラギンのネオンがともる。。

いろいろ考えさせられてしまいます。

むむむ~

観光に来られた方たちにも、「やっぱり京都だなー」と感じてもらえる、素敵な夜の街に早く生まれ変わるといいですよね。

さて、ここ立誠小学校を100mほど南下し、木屋町四条の交差点の近くに行くと、創作京履物の伊と忠さんがあります★

こんな斬新な庄助下駄。お土産にも最適!

庄助下駄(丸型)

ブログランキングです★
ぜひぜひ1ポチよろしくお願いします ~
↓↓↓↓↓↓
Banner_02_1

旧立誠小学校はこのあたりです★

投稿者 老舗モール 時刻 13時42分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

日本で最初の幼稚園

京都にしては比較的近代的なビルが立ち並ぶ御池通り。

富小路の角に、こんな碑が建っていました。

Ryuchi01

「日本最初の幼稚遊嬉場(ようちゆうぎじょう)」と。

Ryuchi02

日本最初の!

柳池(りゅうち)幼稚園記念碑。

京都には「日本最初の」がほんとに多い。

日本初の盲学校も京都。

日本初で鉄道が走ったのも京都。

日本初の小学校も京都。

↑それぞれ記事書いてます。よろしければ見てみてくださいね★

(鉄道の記事だけなぜかバリバリの京都弁で書いてます(恥・・))

で、この「日本初の幼稚園」は、「日本初の小学校」の校舎の一角に建てられたのでした。

今や跡地はこんな近代的なことになってますが、、

Ryuchi03

明治8年に開設した幼稚遊嬉場ですが、幼児教育についての一般認識が浅い段階であったため、約一年半であっけなく閉園したそうな。

その後、昭和4年に改めて開園され、平成8年3月に長い年月を閉じました。

その後、冒頭の石標が建てられたとういわけ。

平成8年以降に作られたということは比較的新しい石標なんですね~

いやー幼稚園の頃は、どんぐり拾ったりお歌うたったり、楽しかったな。。

日本で最初のこの幼稚園が現代の幼稚園の基盤になったのだと思うと、その役割はとても偉大な気がします。

幼い頃の記憶って、美しく残りますものね~

さて、この石標の近くには、蒲鉾の老舗、茨木屋があります★

新鮮な鯛だけを丹念に練り上げた、とびきり贅沢な蒲鉾

鯛魚羹(たいぎょかん)。

鯛魚羹(たいぎょかん)

ブログランキングです★
ぜひぜひ1ポチよろしくお願いします ~
↓↓↓↓↓↓
Banner_02_1

日本最初の幼稚園の碑はココ↓

投稿者 老舗モール 時刻 18時21分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月30日 (金)

なすあり地蔵さま

祇園白川のせせらぎが耳に心地よい花見小路の一角。

飲食店も多く、夜ともなると雅な雰囲気の中、多くの人で賑わう界隈です。

昼間は人通りも多くなく、おだやか。

その角にちんまり佇む、お地蔵さま。

「なすあり地蔵」。

Nasuari02

なすありって、なんだろう??

茄子?蟻?

なすあり地蔵は、昭和29年(1954)に行われた水道工事の際、白川の河床の下から出てきたのです。

いつ頃に作られたお地蔵さまか、詳しいことは不明だそうですが、百年は下らないであろうとのこと。

「なすあり」とは、地元の学区の名称「有済」を逆に読んだものだそう。

中国古代の歴史書「書経」に出てくる言葉で、

「つらいことも耐えしのんで努力すれば、必ず報われる」

という意味だそうな。

長い間、真っ暗な河床の下にいたお地蔵さま。

何百年間も冷たい河の底にいて、やっと日の目を見たお地蔵さまにぴったり、ということで名づけられたそうです。

Nasuari03

お地蔵さまの隣には、「なすありの径(みち)」の碑が建っています。

Nasuari01

こちらは、平成10年に京都市がこの通りをコミュニティ道路として整備したのを機会に建てられたそうです。

コミュニティ道路とは:人と車の共存を図るため考え出された、人に優しい道路。

そういえばけっこう新しい碑だね。

なすあり地蔵さま。

本当に目立たないお地蔵さまですが、実物を見ると、なんとなく、この界隈をそーっと見守ってくれているようなやさしさを感じられます。

この近くには、先斗町駿河屋があります~

■するがや祇園下里■祇園豆平糖

豆の素朴な風味が最高においしい豆平糖。

ブログランキングです★
ぜひぜひ1ポチよろしくお願いします ~
↓↓↓↓↓↓
Banner_02_1

なすあり地蔵さんにはココで会えますよ★↓

投稿者 老舗モール 時刻 15時41分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

御所でおさるさん発見

私の祖母は申年(さるどし)です。

「申年の人は、チャキチャキしていてとにかく活発。」

てのは血液型診断のようなカンジでいう「申年の性格」らしいですが、私は超活発な申年の祖母によってその通説が裏付けられているので、申年の人には身構えてしまいます。

こっちも本腰入れて喋らないと、テンポについていけなくなりそうだから。

柔和で温厚な申年の方、ごめんなさい

さて、なぜこんな前置きかというと、京都御所をフラフラ散歩中に、おさるさんを発見したからなのです!

それがこれ↓

Saru03

金網のせいでわかりづらいけど、烏帽子をかぶり、御幣を持った猿が見えますか?

Saru02

場所は京都御所の北東角。

この北東角は、御所の塀がカクッとへこんでおり、その軒下におさまっているのがこの木彫りの猿。

そのため、この付近は「猿ヶ辻(さるがつじ)」って呼ばれてるんです。

Saru01

このお猿さん、かわいいようでしっかり都を守ってくれてます。

このお猿さんがいる北東の方向(艮(うしとら)の方角)は、悪い鬼が入ってくると信じられ、鬼門とされてきました。

猿は、

難が去る(猿)

とかけて、鬼門を守る魔除けなのです。

しかもこのお猿さん、タダモノではないのです。

比叡山延暦寺の地主神、日吉大社の使いとされ、かなり由緒のあるお猿さんだとか。

Saru00

で、なぜ金網の中に閉じ込められているのかというと、実はこのお猿さん、夜ごと塀から抜け出してはイタズラを繰り返す困ったやんちゃ者だそうで、やむをえず金網で閉じ込めることにしたという話が伝わってます。

なんかほほえましいですが。

猿がいる塀の部分だけカクッとへこんでいる理由も、鬼門の角を無くして鬼封じをしている、という確固たる理由があるんですね~

奥が深いな京都御所!!

京都御所をグルリと囲み、市民の憩いの場として公開されている巨大な京都御苑も、今が一番過ごしやすい時期。

この日もベンチで仰向けに寝ころがっている人の多かったこと。

私たちも会社から近いのでよくここでお弁当食べたりするのです。

よく考えるとけっこう贅沢な時間。

御所を散歩の際は、おさるさんを見逃さないでくださいね★

銀器の清課堂 山中源兵衛さんで、リアルな猿の香立て発見!

Seikado_2

ブログランキングです★
ぜひぜひ1ポチよろしくお願いします ~
↓↓↓↓↓↓
Banner_02_1

猿ヶ辻はココですよん↓

投稿者 老舗モール 時刻 14時39分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

京の姉妹都市いろいろ

花の都、フランスはパリの街角でよく見るコレ↓

Shiyakusho01

パリでは、通りの名前や場所のガイドは、この緑枠の看板(?)に統一して表示されています。

それの「京都」バージョンがコレ↑

かっこいーthunder

これは、京都の姉妹都市であるパリが、京都に寄贈したものなんです。

このパリジャン看板が見られるのは、ココ!

Shiyakusho04

京都市役所です。

おとなりに建つのは、14年前の京都景観論争の際、やり玉にあがった、京都ホテル(現京都ホテルオークラ)。

当時こんなに高層のホテルは、京都にはなかったですから。

Shiyakusho07

京都市役所の前の広場には、パリジャン看板のほかにも、海外の姉妹都市からの贈り物が展示されています。

Shiyakusho02

↑ロシアのキエフから、「聖ミカエルの黄金の像」。

「聖ミカエル像はキエフのお守り。京都市も守ってくれるでしょう」との、キエフ副市長の思いが込められています。

Shiyakusho03_2

↑ イタリア、フィレンツェからは、「プッチーノ像(イルカを持った天使)」。

原作は、フィレンツェ市役所にあるそう。

この像は「客を招待し、歓迎する」という意味を持ち、フィレンツェ市民から「まちの守護神」として愛されているそうな。

京都の姉妹都市は、他に

ボストン:アメリカ合衆国

グアダラハラ:メキシコ合衆国

西安:中華人民共和国

ザグレブ:クロアチア共和国

プラハ:チェコ共和国

ケルン:ドイツ連邦共和国

がありまーす。

京都市役所に植えられている桜も、さきはじめました!

Shiyakusho08

市役所の中庭は、市民が憩えて姉妹都市からの寄贈品も鑑賞できる素敵スポット!

買い物に疲れたら、ぜひ一休みを。

市役所の真向かいには、金箔の老舗、堀金箔粉があります★

純金箔「舞妓印」瓶詰0.5g入

純金箔「舞妓印」瓶詰0.5g入

京都市役所はココ!↓

ブログランキングです★
ぜひぜひ1ポチよろしくお願いします ~
↓↓↓↓↓↓
Banner_02_1

投稿者 老舗モール 時刻 18時08分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

手話はココで生まれた

京都御苑の糸桜、咲き始めています!

Roua01

↑これは去年に撮っておいた御苑の糸桜。

いつも他の桜より一足早く咲くので、みな「おおっ」というかんじでパシャパシャ写真を撮られていますー。

とうとう春が来ましたね。

待ったよ。

さて、御苑からすぐ近くに、こんな石碑を発見。

Roua02

「日本最初盲唖院創建之地」。

日本で最初に聾唖(ろうあ)学校が建てられたのが、この土地なのです。

聾唖学校「京都訓盲唖院」が設立されたのは1878年(明治11年)。

古河太四郎(ふるかわたしろう)という人が中心となって設立しました。

この人が、この土地で、手話を考案したのでした。

手話が生まれた土地、府庁前。

さてこの場所が今何になっているかというと、

Roua03

京都第二赤十字病院。

救急病棟もある、大きな病院です。

その建物の奥にひっそりと、石碑は立っていました。

こうして意表をつくかたちで石碑が「ひょい」と顔を出すものですから、

しかも、そんなスポットがあちこちに点在しているものですから、

京都ってやつはニクイです。

さて、この碑から徒歩100mくらいに、美味しい和菓子屋「京都くりや」があります★

栗の風味をそのままに。

栗納豆 金の実 10個入

■京都くりや■栗納豆 金の実 10個入

石碑はここにありますよ^^

ブログランキングです★
ぜひぜひ1ポチよろしくお願いします ~
↓↓↓↓↓↓
Banner_02_1

投稿者 老舗モール 時刻 18時32分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

女紅場の碑

川端丸太町にあるこの石碑。

Nokouba01

「女紅場(にょこうば)」。

聞き慣れない言葉です~

なんか字面もちょっとコワめかも。。

これは、明治5年(1872)に建てられた日本初の女子高等教育機関の跡を示す碑。

女紅場はのちに、京都府立第一高等女学校となります。

京都府立第一高等女学校は、今の鴨沂高校(おうきこうこう)の前身。

鴨沂高校といえば、超男前の俳優で、拳銃自殺を図った田宮次郎の出身校です。

昔の「白い巨塔」の主役の人ですよ~。

日本発の女子のための学校ってどんなんだったのかなぁ。

機織りとか裁縫とか、教えてたそうです。

で、この「女紅場」という呼び名、未だに残っているのが祇園です。

Nokouba02

舞妓・芸妓さんの学校、その名も「八坂女紅場(やさかにょこうば)」です。

都踊りが開催される歌舞練習場に付属する、八坂女紅場。

15歳から80歳過ぎでも、祗園の芸・舞妓さん全員が女紅場の生徒!

舞、能楽、長唄、三味線、、、、

学ぶことがたくさんあって、さぞかしハードなことでしょう。

都をどりは4月1日から30日まで。

女紅場でたくさん勉強した、舞妓・芸妓さん達の発表の舞台です。

今年は見に行きたいなあ。。。

祇園にある舞妓さん御用達の和装小物店、井澤屋の

りんりん巾着。

りんりん巾着

ブログランキングです★
ぜひぜひ1ポチよろしくお願いします ~
↓↓↓↓↓↓
Banner_02_1

投稿者 老舗モール 時刻 17時35分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

療病院址と平井さん

木屋町御池の角に、椿に彩られた石碑を発見。

Ryo01

「療病院址」。とな。

療病院は現在の京都府立医科大学の前身です。

明治5年にドイツ人医師を招き、この地に開設されました。

まだ西洋医学が日本に持ち込まれていなかった幕末に、理論と科学にのっとった治療はセンセーションでした。

「やっぱり西洋医学はすごいのだ。」

というわけで、当時の医学博士、明石博隆が療病院の開設に奔走したのです。

当時の病院って、どんなんだったのでしょうか。

100年の間に、ずいぶんと進歩しましたよね医学。

昔の人が現代に来たらびっくりするだろうなそしていろんな人が助かるだろうな。

さて、病院とつながりのあるものといえば「お薬」。

この療病院址のすぐ近くに、おもいっきりレトロな面影を残すおくすり屋さんがあります。

Ryo03

平井常榮堂薬房さんです。

平井さんは1702(!!)年創業の、老舗中の老舗。

おくすりやさんと言っても、扱われているのは和漢薬です。

和漢薬とは、人間が本来持っている自然治癒力を高める漢方のこと。

「療病院」の西洋医学とは、正反対の方向性です。

で、この平井常榮堂さんのショーウィンドウ(?)が、いつ見てもスッゴイです。

Ryo06

、、、、、コワイ!!

なんでしょうかこれ猿の剥製がなんともいえない表情+白目を向いているように見えます。

年季の入ったガラス瓶に入った「漢方」の数々も、相当気合い入ってます。

Ryo04

Ryo05

眺めていると頭がクラクラ。なんとも言えない世界。

ちょっと怖いけど、とてつもなく魅力的とも言える世界。

ひきずり込まれそです。

さすが、「人間一個をひとつの小宇宙と考える」が信条の平井さん。

ショーウィンドーが和漢の小宇宙です。

もちろん店内では近代的な商品もたくさんございます。

気のよいご主人が、いろいろ相談に乗ってくれます。

最近腰痛が、、とか、いろいろね。

私が老舗モール内でいっつも気になるのはこの商品。

タツノオトシゴ(海馬)でございます。

タツノオトシゴ(海馬)

どなたかためしてください。

ブログランキングです★
ぜひぜひ1ポチよろしくお願いします ~
↓↓↓↓↓↓
Banner_02_1

投稿者 老舗モール 時刻 19時13分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

舟橋の由来

三連休の幕が明けた~♪

みなさまいかがお過ごしでしょか?

私は先日、大人になって久しく行っていない歯科で、これまたしばらく経験していない抜歯というものを経験し、医者から以降数日の食べ・飲みの制限をされ、とってもとっても寂しい連休となっております。

こうなってくると、楽しみになってくるのが解禁の日cancer

タコが食べたい!エビが食べたい!ビールが飲みたいbeer

というわけで、家にいてもやることがないので街角ウォッチングといきましょう。

前回に引き続き舞台は西陣界隈。

堀川今出川の角に、「おや」と思わず読んでしまう駒札があります。

Hunehasi01

Hunehashi03

「舟橋(ふなはし)」。

たしかにこの界隈は、今でも北舟橋町や、普通の舟橋町など、町内の名前に「舟橋」の名が盛んに使われています。

これは昔、近くにある堀川が氾濫したときに、舟を繋いで橋としていたことからだそう。

えー、、この近くの堀川が氾濫、、、、。

いまはこんなんなのに↓

Horikawa01

昔は潤ってたんですね~

氾濫はしてほしくないけど、堀川に水がたくさん流れていたら、ちょっと私うれしいかも。

潤沢な水というのは、見ているだけで本能的に心が豊かになるもんだと思うのです。

この「舟橋」の駒札、堀川今出川西角の大きな和菓子屋さん「鶴屋吉信」の前にあります。

Hunehasi02

京都の町内の名前、調べてみたらかなり興味深い由来がたくさんありそうpen

素敵な京の工芸品を多数扱う町家工房さんの住所は、郭巨山町!

祇園祭の山鉾の一つ、郭巨山から来てるんですね~

町家工房さんの小梅の花ピン。

花かんざし 【小梅花ピン】

ブログランキングです★
ぜひぜひ1ポチよろしくお願いします ~
↓↓↓↓↓↓
Banner_02_1

投稿者 老舗モール 時刻 17時37分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

「西陣」の由来

西陣織で有名な、京都の「西陣」という土地。

具体的には、東の堀川通から西の七本松通

南は中立売通から北の鞍馬口通くらいまでの地域を言います。

Nisijin01

その地域のちょうど真中あたりにあるのが、西陣碑。

この碑、もっと小さいのを想像してたんですが、ヌリカベ級に大きくてちょっとびっくり。。

3m近くあるんじゃないかな~

Nisijin02

「西陣」の地名は、応仁の乱の際、西軍方の陣が敷かれたことに由来します。

平安時代にはこの地に織部司がおかれ、織産業は大層賑わっていたのですが、応仁の乱の時に皆疎開してしまい一時休止。

この辺一帯は一面焼け野原になったんだなあ。

そして数十万もの人が亡くなったそうな。

しかし乱後、西陣は見事復興をとげ、昨今まで西陣織の名を掲げ発展してきました。

最近は景気の問題や着物ばなれもあって若干元気がないのかな?

この西陣碑が建っているのは、京都市考古資料館の玄関前。

この考古資料館、はじめて入ったのですがナカナカのものでした。

その様子はまた次回heart04

↑いつのまにかココログで絵文字が使えるようになっていました!dashdash

これから絵文字ジャンジャン挿入していきますので、うるさかったらご容赦くださいませspa

天保14年より西陣の地で織業を営んでいる、

小川英(おがわえい)の正絹ストラップ

ブログランキングです★
ぜひぜひ1ポチよろしくお願いします ~
↓↓↓↓↓↓
Banner_02_1

投稿者 老舗モール 時刻 14時30分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月25日 (金)

子育て幽霊飴

一日のうちで最も気温が低いと思われる明け方。

ふと目を覚ますと、部屋の中なのに息が白い。

そして再び、地の底に引きずり込まれるかのような眠気、、。

気付いたら会社に行く30分前。

こんな朝が毎日続いています。

要するに毎日寒い、辛い、ということが言いたい。

今日の京都は雪がちょびっとだけ積もってました。

もっとこう、ドッサリいってくれたら綺麗だしちょっとウキウキするんですけどねぇ。

早く冬が終わってほしい!

そんなわけで極寒の毎日が続きますが、こんなときこそ身の毛もよだつ幽霊の話を。

有名な清水寺と、東山を挟んで反対の方向に、六道の辻と呼ばれる「冥界への入口」があるのです~

↓六道の辻から数十メートルの飴屋さんには、子供を流産してしまった母親の霊が、夜な夜な飴を買いにきたそうな。

その母親は、自分は死んでしまったけれど、土葬されてから執念で子供を生み、墓下で飴を食べさせて子供を育てていたそうな。。

Kosodate05 

この界隈は六道珍皇寺があったり縁切り神社があったり、冥界に繋がってると言われてもなんだか疑えない「コワ」ムードが漂っているのですが、そこに救いの神様(のように私には見えた)発見。

子育地蔵尊。

Kosodate01_2

お地蔵さまはいつでも私達を守ってくれる。

近所の住民からも信仰が厚いようで、入れ替わり立ち替わり人が訪れていました。

Kosodate02

真中の提灯には「不動明王」の文字。

Kosodate04

壁には、 弘法大師さまの絵(右)などが、なんとも言えぬ存在感を出しながら飾られてました。

祇園界隈を観光の際は、ついつい清水寺や高台寺のある東側に行きがちですが、

「オカルトが好き!」

「マイナー路線が好き!」

なんて変わり者の貴方は、清水から西へ進まれることをおすすめします。

京都冥界ツアーを堪能できますよ★

子育て幽霊飴はどんな味なんだろう、、まだ食べたことないの。

聖護院大根の京野菜のど飴も、試す価値ありの新味覚!

京野菜のど飴・聖護院大根

ブログランキングです★
ぜひぜひ1ポチよろしくお願いします ~
↓↓↓↓↓↓
Banner_02_1

投稿者 老舗モール 時刻 14時22分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月24日 (木)

★鴨川春夏冬景色★

今日の京都は、吹雪いたり止んだりを繰り返しています。

気温は5℃

体感温度的には0℃以下なんじゃないの?これ!?

と、くじけそうになってましたが、実際の気温を聞いて拍子抜けしました。

なーんだ、5℃か。

さて、京都が誇る一級河川、鴨川

川端通りを南北に通り、四季によって様々な表情を見せてくれる市民の憩いの場ですが、冬にはさすがに人気はまばら。

まばらすぎるので、鳥を撮る。

Kamo01_2 

冬の鴨川では、様々な種類の鳥を見ることが出来ます。

はるか彼方から次々と飛来してくるのです。

すぐ近くに繁華街があるのに、なんだか不思議な光景ですよね。

そして今まで撮った過去のフォトアルバムを見返していると、冬とは好対照の「夏の鴨川」の一枚が出てきましたので御覧ください。

Kamo02

手前の川沿いにポチ・ポチ・ポチ、と塊があるのが見えますか?

・・  ・・  ・・  ・・  ・・  ・・ ←まさにこんなカンジで!!

皆様、これが京名物、「鴨川カップル」でございます。

彼らは春~夏に活動し、隣カップルとの絶妙な間隔を置きながら川沿いに腰掛け、愛を語る。

最初の1カップルが、川沿いに座ることにより「始点」が生まれ、それを基準にポチ・ポチ・ポチと等間隔を置いて、鴨川シートは埋まってゆく。

「鴨川繁忙期」には、ポチポチの間隔が若干小刻みになるのが、遠くから見ると一目瞭然です。

この現象は主に四条~三条間で多く見られますので、暖かい時期の京都観光の際には是非、見晴らしの良いところから鴨川を眺めてみてください。

しかしなんといっても鴨川が最高に美しいのはこの時期↓

Kamo03

ああ~この絵。。。。。

春が心底待ち遠しくなります。

2月をすっとばしたいこの衝動。

早く桃色に染まった桜の下でビールが飲みたい。

というわけで、鴨川春夏冬景色でした。

今年の4月には京都府から「鴨川条例」が施行され、鴨川でバーベキューや打ち上げ花火をしたり、自転車乗り入れたりといったことが全面禁止になります。

少しさみしいけど、みんなでこの美しい鴨川を守りましょー★

こちらは、冬になる鴨川付近に飛来するユリカモメをモチーフにした根付

清課堂山中源兵衛さんのものです。

Netuke

ブログランキングです★
ぜひぜひ1ポチよろしくお願いします ~
↓↓↓↓↓↓
Banner_02_1

投稿者 老舗モール 時刻 16時54分 京のよもやま話
| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

三種の神器

最近神社をお詣りしていて気付いたこと。

この両端の緑の、なんだろう?

Sanshu01

これは、「三種の神器」です。

「さんしゅのじんぎ」って言葉はよく使いますよね?

戦後は「家電の三種の神器=テレビ、洗濯機、冷蔵庫」とか言ったそうですね~。

三種の神器の本家本元は、鏡、勾玉、剣。

天孫降臨の時に、天照大神から授けられ、、日本の歴代天皇が継承してきた三種の宝物のことを言います。

一枚目の写真をズームしてみると、確かに

Sanshu02

↑「鏡」!と「勾玉」!

勾玉は鏡の前にかかってるネックレスのようなもの。

鏡は八咫鏡(やたのかがみ)。

勾玉は八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)と言います。

両方とも形代(レプリカ)であり、鏡の本物は伊勢神宮にあるそうですよ。

勾玉の本物は、宮中にずっと保存されています。

Sanshu03

↑「剣」!!

天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)と言います。

本物は、熱田神社にあるそうです。

鏡と剣のレプリカ及び勾玉を所持することが日本の正統なる帝として皇位継承の際に代々伝えられているそうな。

この三種の神器、飾っておられる神社はけっこー多いので、お詣りの際気付かれた方は是非じっくり見てみてください~

ちなみにこの神社は、初詣でラストに行った岡崎神社。

こちらは蒔絵が美しい、漆器の井助の手鏡。

手鏡 溜

ブログランキングです★
ぜひぜひ1ポチよろしくお願いします ~
↓↓↓↓↓↓
Banner_02_1

投稿者 老舗モール 時刻 19時13分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 8日 (土)

舞鶴でおおきな船を見たよ

今日はちょこっと番外編。

京都は京都でも、市街地を離れて京都府北部、舞鶴まで、、

舞鶴!

よく考えたらほぼ毎回アウトドアな記事なのですが、今回のはとびきりアウトドアなかんじがします。

それにしても遠いわ!

車で2時間弱くらいでしょうか。

行ってきたのは、なにをかくそう、

舞鶴海上自衛隊の護衛艦見学です。

見えてきたきた日本海。

Maiduru01

真っ青な海を横目に眺めながら、舞鶴海上自衛隊の船の停泊所まで向かいます。

入り口では、セーラー服(男物ですよ)を着た自衛隊の隊員の方が迎えてくれました。

見物は無料。

ただし、受付では自分の住所、氏名を明記し、配布される「GUEST」と書かれたカードを首からぶらさげないといけません。

受付を済ませ、港に向かって歩いていくと、

停泊している護衛艦の大きいこと!

Maiduru02

すっごい迫力。

こんな大きい船がだいたい6,7艦停泊してました。

Maiduru03_2

日本は、四面を海に囲まれた島国。

これは、日本に対する脅威が、常に海を経由してくることを意味しています。

また、資源に乏しい日本は、国民の生存基盤のほとんどを海外に依存しており、その9割以上が世界中に広がる海上輪送により運ばれています。

海上自衛隊は、海上からの侵略に対して日本を防衛するとともに、日本周辺の海域における海上交通の安全を守ってくれているのです。

たのもしいなあ。

Maiduru04_2   

ここで海上自衛隊の方々は日々任務をこなしておられるわけで、制服や日用品を売っている「売店」が敷地内にあるのですが、この売店が、「GUEST」から大変人気なようです。

海軍のバッジとか、海軍カレー(いま話題?)とか、セーラー帽とか、人気商品がたくさんありました。

私も、買ってしまいました、ピンバッジ(照)

そして、洗面所の貼り紙が、またナイスでした。

ビシッとしてるなぁ。

Maiduru05

いやーそれにしても、京都であれだけのスケールのものを見ることはなかなかできないので、新鮮な驚きをもって見物することができます。

相当楽しいです。

皆さんも機会があれば是非行ってみてください☆

舞鶴から車で約1時間、同じく日本海を臨む網野では、カニが最盛期!

海鮮の匠:魚政のカニ鍋。絶品です。

松葉かに鍋セット 9000

ブログランキングです★
ぜひぜひ1ポチよろしくお願いします ~
↓↓↓↓↓↓
Banner_02_1

投稿者 老舗モール 時刻 11時53分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

百万遍の巨大な石仏について

今出川通りを北白川に向かって車や自転車で通ると、突然目の前に現れる巨大な石仏。

Kanzeon01

京都にお住まいの方なら一度は見て「おぉ!?」とその大きさにビックリされたことがあるのではないでしょうか。

2m超はあります。

私も例にもれず、いつもここを通った直後、毎回気持ち新たに

「、、、すっっごいおっきかったやんな!?みた??みた??」

と一緒にいる人に同意を求めてはみるものの、ただ「大きな石仏」というだけで、どういう背景があるのか全然知らなかった。

でも、とにかくおっきいので、幼い頃からずーっと気にはなってたわけです。

調べてみると、「子安観世音」と言いまして、造られたのはなんと鎌倉時代。

どんだけ古い石仏なんだー

Kanzeon02

この石仏、桃山時代に豊臣秀吉にものすごく気に入られ、聚楽第に移動させられたことがあるそうな。

でも、石仏は毎晩「もとの場所に返せ~返せ~」と「うなり声」をあげ、無事この白川の地に戻された、という面白いエピソードが残っています。

以来ずーっと、人々の子授けや安全の願いをかなえ続けた石仏は、子どもの成長を守る観音として信仰を集め続けているのです。

実はこの観世音、数年前に事故に遭い(トラックにぶつけられてしまった)、頭が転げ落ちるという大惨事が!

いまも額の傷は修復されておらず、傷が残ったままだそう。

Kanzeon03

確かに車の出入りは激しく、事故の多い場所だけど、

地域の安全を守ってくれる大事な観音さまです。

京都のドライバーの皆さま、気をつけましょー!

話は変わって、今日のお昼に、

「京都市内に雪らしきものが降っていた」という噂を!!

屋内にいたので気付かなかったや。

本当に降ってたのでしょうか。だとしたら初雪だよー!

京小間物の中野商店で、かわいい雪のペンダント発見★

Yuki

ブログランキングです★
ぜひぜひ1ポチよろしくお願いします ~
↓↓↓↓↓↓
Banner_02_1

投稿者 老舗モール 時刻 14時25分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土)

KOBAN

京都の交番のマーク、じっくり見てみると素敵。

Koban01

京都府警の平安騎馬隊がモチーフです。

女の子が乗っているのはご愛嬌かな?

紫がかった群青色ベースで、なかなか京都らしくていいと思うんですが。

それにしてもこの「KOBAN」って、外国人にも通用するのかな~

と思ってたら、

外国には「交番」自体がなく、日本独特のものらしいですが、意外と外国人旅行者には「KOBAN」浸透しているらしく、ローマ字で書かれていると、「こまった~」て時、彼らにもわかりやすいのでした。

ちなみに『交番』の名前の由来は、「交代で番をする」というところから来ています。

Koban02

↑繁華街にあり、いつも忙しそうな「四条交番」。

いつも市民の安全を見守ってくれてありがとうおまわりさん。

いつも駆け込み寺のように道ばっかり聞いてごめんなさい。

ここから結構な近さの人形店、小刀屋忠兵衛に、かわいいお馬さんの人形ありました。

クリスタルガラス 馬上武者

ブログランキングです★
ぜひぜひ1ポチよろしくお願いします ~
↓↓↓↓↓↓
Banner_02_1

投稿者 老舗モール 時刻 17時28分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

本願寺に洋壁?

つい先日のことです。

私、京都駅の近くの本願寺のあたりを自転車でウ~ロウロしておりましたら、

突然そびえ立つレンガ作りの壁が、

猛烈な違和感を持って立ちはだかっているのをハッケン。

Renga01_3

壁は高さ5Mくらいかなあ~

内側にちょろっと見えている三角屋根がありますね。

これは東本願寺の門信徒が法話を聞く「総会所」のようです。

寺なのになんでまたレンガ壁???

あまりにも不思議だったため、とりあえずパシャッと撮影して帰宅。

なーんーでー??

Renga02

調べてみると、実はこれ、延焼防止のための防火壁。

東本願寺は、天明(1780年前後)から幕末までの約80年間に4度も火事で諸堂を失ってるんです。

で、この壁が明治末期に作られたのだそうです。

残念ながら(?)それ以降この辺りに火事は起きていないため、出番はまだないようですが。

レンガって、どうしても「洋」なイメージだから、とにかく寺とのギャップがすごい。

だって、本願寺ってこんなですよ!?↓

Renga03

京都の街は綺麗な場所もたくさんあるけど、ゆっくり歩いてると「??」ってスポットもいっぱい。

みなさまも京都の町のヘンテコ探しをぜひ。

本願寺の向かいには、数珠の老舗、あすか六字堂があります。

バラ石の数珠。

Asuka

ブログランキングです★
ぜひぜひ1ポチよろしくお願いします ~
↓↓↓↓↓↓
Banner_02_1

投稿者 老舗モール 時刻 19時09分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

弁慶の愛した石

みなさまこんにちは。

ブログの口調が京都弁から標準語にもどりました。(しゃべりは京都弁のままどすえ)

憑きものが取れたように。

京都弁でブログを書くっていうのもたいそう新鮮で楽しかったんですけど、、

「○○どす~」がどうしても多い!

どすだらけ、、

イントネーションも併せてお伝えできたら雰囲気出るんだけどな~

というわけでテキパキと標準語でお送りさせて頂きたく存じます。

なにとぞよろしうに。

さて今日は10年ほど前からメキメキとおしゃれストリートに変身を遂げた、三条通りにある、

「石」

をご紹介。

Benkei01

この石、ただの石ではございませんですよ~その名も辨慶(弁慶)石。

三条寺町通りを少し西に行ったところのビルの片すみにひっそりと佇んでいます。

日本全国に弁慶の伝説が残る石がたくさん残されているのを見ると、弁慶さんは石が大好きだったんだろうな。

石フェチ?

この石も弁慶は生前たいそう可愛がっており(!)、三条京極に住んでいた彼のそばに置いてあったそうな。

しかし弁慶の死後、奥州高舘のあたりに移されていたそうです。

するとこの石が!

Benkei02

「三条京極に往かん」

つまり

「三条京極へ行くのだ!」

ギャンギャン叫びだし(!!)、奥州周辺では熱病が大流行。

「これは弁慶の呪いじゃ~。。」

と住民は恐れをなし、石はこの三条京極の地に再び舞い戻ってきたのでした。

それ以来弁慶石はず~っとここにあるんですよ~

それにしても「石」が好きって、かわってるなあ。。

小さくて丸こいのならわかるけど「岩」とも呼べるシロモノを「かわいがる」って、、

どうやって!!?

大物になる人の頭の中はようわからんのでした。

さて、この弁慶石から少し東のほうへ行くと、京小間物の中野商店があります★

さりげなく胸元に。

秋らしいイチョウのペンダント。

Icho

ブログランキングです★
ぜひぜひ1ポチよろしくお願いします ~
↓↓↓↓↓↓
Banner_02_1

投稿者 老舗モール 時刻 17時28分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水)

日本初の鉄道、京にあり

おはようさんどす~

うちはなかなか電車ゆうもんに乗らへんのどすけど、(苦手どすねん)

昨日久々に仕事で乗りましてん。近鉄電車ゆうやつに。

「あぁ~こないな秋の日には、電車から見える外の景色がきれいやな~

ほえ~

て、なっとりましてん。

そういえば、京都は日本で最初に電気鉄道の通った土地なんどっせ。

知ってはりました?

Siden01

京都駅前のルネッサンスビルの前には、

「電気鉄道事業発祥の地」

の記念碑が建ってるんどす。

明治28年2月1日

京都電気鉄道株式会社は東洞院通り七条下る鉄道踏切南側から伏見下油掛通りまで六キロの間に軌道を敷き電車の運転を始めた

昔の電車はゆ~~~くりやったんやろなぁ。

でもこの鉄道開通を機に、全国で次々と線路が敷かれていったんどすえ。

初の鉄道も京都。

初の小学校も京都。

えっへんどすね。

東洋竹工の竹で作ったチンチン電車を老舗モールで発見どす。

ちんちん電車

ブログランキングどす★
ぜひぜひ1ポチよろしくお願いします ~
↓↓↓↓↓↓
Banner_02_1

投稿者 老舗モール 時刻 11時32分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

セカンドライフで老舗モール!

えろうおひさしぶりどす~

このブログもしばらくご無沙汰しとりましたんやけど、

これには理由がおしてな~

実はうち、京都に自分探しの旅に出てましてん。。

「なにゆうてはんの、あんたずっと京都やん」

ちゃいますのんえ!

うちがゆうてる京都ゆうのんは、第二の仮想空間内の京都のことどすねん。。

「もう、なんか、おかしならはったんちゃうのんスタッフさん」

とか言わんといてぇや。

実は、今なにかと話題のセカンドライフに、

老舗モールの支店が出来ましてん。。

Shinise01

↑このべっぴんさんは、ウチどすえ(照)。

石畳が敷かれた、その名も

「祇園白川」

ちゅう、ほんまきれぇな場所に建ってるんどす~

ここで昼間は店番さしてもろてるんやけど、ほんまいろんなお客さんがきはって刺激的やわ~

人間だけどちごぉて、うさぎはんとかトトロはんとか、そらもうえらいかいらしい人(?)らが遊びにきてくれはります~

慣れへんうちは、そら~もう目をシロクロさせてたウチどしたわ。。。

あ、中、見はる?

Shinise02

なかなか開放的な造りなんどすえ。

ここで、実際に老舗モールで販売してる商品を身につけたり、商品を持って帰ったりできるんどす(仮想世界で、の話どすけど)。

あ、そや。

うちがいま着てる浴衣も、紫織庵さんとこのどすねん。

Shinise03

こないして展示してて、すぐ身につけることが可能なんどす。

げたも帯も付いてて、かなり人気どす!

Shinise04

↑これは、芸艸堂さんの神坂雪佳の版画どす。

この仮想空間内には、マイホームを持ったはる人たちもぎょうさんいはるさかい、(びっくりしまっしゃろ)

こういうインテリアを壁にかけたりして楽しまはるんどす。

六兵衛窯さんのお茶碗なんか、ほんまにリアルどすやろ~

Shinise05

ちょっと疲れたら、ひと休みできる場所もありますのんえ。

Shinise06

うちも軽く腰痛わずらってますさかいな、、、たまにはこうして一休みするんどす。

毛氈に和傘が、雰囲気出てますやろ?

おとなりには、このお店の制作にたずさわってくれはった、ワタナベはんが座ったはります。きれーなおじょうさんどっしゃろ?

浴衣姿のうち、メイド姿のワタナベはん。

対照的で絵になっておます。自画自賛どす。

それにしても。

この老舗モール セカンドライフ支店に来てくれはったお客さんがよく言わはるのんは、

「京都、行きたくなりました~」

ていう言葉どすねん。

京都はこれから紅葉がきれいどっしゃろ?観光もピークどすし。

そやさかい、このセカンドライフ支店に遊びにきはって、

「そうだ、京都行こう!(どっかで聞いたフレーズどすけど。。)」

てなってくれはったら、えらいうれしなあ。おもてますのんえ。

あ、そやそや。

この老舗モールセカンドライフ支店には、老舗資料館が併設されてますねん。

Shinise08

↑看板立ってますやろ?このお隣ですにゃわ。

なんや、京扇堂はんの企画展ちゅうのんやったはるみたいやけど、、

みっちゃん(誰)誘て行ってこよかいな。

ほな、老舗資料館の様子はまた次回!

楽しみにしてとくれやす~^^

老舗モールセカンドライフ支店、詳しくはココで見とくれやす

リアルの世界ではちょっと季節はずれ?どすけど、紫織庵さんの浴衣、

本物はコレどす

浴衣 バラ

あとがき

日々の接客業(?)で、すっかり京言葉がなじんできた最近どす。

ちょっとしばらく、このテイストで行こかな思てますねん。。(照)

ブログランキングどす★
ぜひぜひ1ポチよろしくお願いします ~
↓↓↓↓↓↓
Banner_02_1

投稿者 老舗モール 時刻 16時21分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

かにかくに~

祇園白川の石畳を歩くと川沿いに見えてくる、大きな石。

幅1mくらい??

なにやら書いてあるようですが、、

Kanikakuni01

Kanikakuni03

これが有名な「かにかくに」の碑。

「かにかくに」というのは「とにかく」という意味。

蟹の角煮とちゃいますよ。

石碑には、

かにかくに 祇園はこひし寝(ぬ)るときも 

枕のしたを水のながるる

という吉田勇の歌が記されています。

吉田勇は「命短し 恋せよ乙女」の歌でも有名な歌人。

祇園をこよなく愛し、隠居した後も足しげく、祇園白川にあるお茶屋さんに通い続けました。

歌の意味は

とにかく、、、祇園が恋しくてしかたがない!!!

という意味。

吉井勇の70歳のお祝いに、谷崎潤一郎ら数名がこの石碑を建立したそうです。

お茶屋遊びとは切々と歌に詠むほど楽しい遊びなのか。

恋しくてしかたがないと思うほど中毒症状のある遊びなのか。

当然お茶屋遊び未経験者の私にはわかりましぇん。

でもこの美しい街並みを眺めていると、

「たくさん遊んで、ほろ酔いでこの石畳を歩くのは素敵だろうな~」

って思います。

Kanikakuni02

11月初旬には舞妓さん、芸妓さんが集まって「かにかくに祭」が行われますよ。

舞妓さんの御用達小物店、井澤屋のがま口財布で、京おんな気分を味わって。

Izawa

ブログランキングです★
ぜひぜひ1ポチよろしくお願いします ~
↓↓↓↓↓↓
Banner_02_1

投稿者 老舗モール 時刻 17時24分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

日本で初!の小学校@京都

柳馬場御池の交差点北側、オフィスが並ぶ土地に、

「日本最初小学校 柳池校(りゅうちこう)」の石碑。

Ryuchi01

「京都で最初」じゃないですよ、「日本で最初」にできた小学校です。

いまは何が建っているかというと、現在小中一貫教育校である「御池中学校」。

オフィス街に建つ小学校は、ドドーンと近代的で、この学校ができた当初は

「なにこれ、ビル?デパート?」と目がクラクラしたものです。

Ryuchi02

だって、イタリアンレストランが隣接してるんだよ!↓

Ryuchi03

これはもう、スーパー近代的と言うほかありません。

最初に出来た小学校は、どんな建物だったのかな~。

はてさて、疑問は

どうして京都が最初に小学校を建てることになったのか??

それにはこんな背景がありました。

千年もの長い歳月、都がおかれていた京都。

明治維新の後、都が東京に移り、

「このままでは京都が一地方都市に埋もれてしまう!」

と、京都府は大いに焦ったのでした。

ここは京都市を一刻も早く、全国に誇れる近代都市として生まれ変わらせる改革が必要であーる!

ということで、「京都市近代化計画」が始まったのでした。

そこでいち早く着手されたのが、

「どこよりも早い小学校建設」だったのです。

それ以降は、いつものノンビリウラウラ京都人気質とは全くかけ離れたロケットダッシュで、次々と64つの小学校を建てる京都府。

その期間なんとわずか7カ月!!!

全国の関係者はあまりの仕事の速さに目をシロクロさせたとか。

ここで一つ、京都人の本質が見えました。

いつもトロいトロいと言われやすい京都人。

ちがうんです。

本当は結構なスピードで片付けられるんだけど、

「そんなはよ動いても疲れるだけやさかい」

ゆっくりやってるだけ。

「あんまし目立つのもかっこわるいさかい」

ゆーくりやってるだけ。

やれば出来る子なのです。

さて、この石碑のある柳馬場御池の近くには豆政が。

京都土産の定番、夷川五色豆

■豆政■夷川五色豆500g

ブログランキングです★
ぜひぜひ1ポチよろしくお願いします ~
↓↓↓↓↓↓
Banner_02_1

私も最近母校の小学校前を通り過ぎました。

よく言う話ですが、鉄棒が、グラウンドがものすごく小さく見えた。

本当にミニチュアみたいでした。

大きくなったもんだな私。

投稿者 老舗モール 時刻 18時08分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 8日 (土)

池田屋事件の名残

三条大橋は京阪三条駅のある川端通から河原町通方面にかかる橋。

で、この玉ねぎみたいなのって、なんて言うか知ってます?

Gibosi01

擬宝珠。

ぎぼしと読む。

三条大橋にはこのように何個もの擬宝珠があります。

Gibosi03

この土地は昔、池田屋事件が起こった場所。

で、西より二つ目の擬宝珠に、

なんと池田屋騒動時についた刀傷があるのだ!!

ん~どれだどれだ、南側の、西から1、2、、、

これか。

Gibosi02

この橋の上でチャンチャンバラバラやったのですね。

擬宝珠は見ていた!その姿を。

三条大橋のすぐ近くには小刀屋忠兵衛があります。

縁起のいい三福福助

ブログランキングです★
ぜひぜひ1ポチよろしくお願いします ~
↓↓↓↓↓↓
Banner_02_1

投稿者 老舗モール 時刻 18時26分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

土下座の意味

つい先日社内のお昼ごはん時に盛り上がった、「京の待ち合わせ場所」。

大型ショップや飲み屋で賑わう四条河原町付近の待ち合わせ場所といえば

「四条だったらやっぱり阪急百貨店の世界地図前やな」

「あとOPAの前とか」

「南座は?」

「、、、それなんか若人の待ち合わせ場所として間違ってないか、、??」

みたいなかんじで盛り上がってたのですが、

では三条河原町あたりに飲みに行くぞって場合は?

って話になり、

「そりゃー土下座前でしょ!!」

という見事な満場一致で三条の待ち合わせ場所のメッカに認定。

してその土下座前とは。

Dogeza01

この人です。

Dogeza02

高山彦九郎その人であります。

三条京阪駅前の南東角にそびえるこの銅像。

台座があるものの、存在感ばっちりの堂々たる大きさ。

それにしてもこの人、どうしてこんな難しい顔して土下座しているの??

見れば見るほど不思議に思えてきますね。

これはですね、土下座してるんじゃないんです。

群馬出身の尊王家である彦九郎は、京都に上洛した際、いつも皇居(今の京都御所)に向かって

「伏し拝んで」

いたのです。

Dogeza03

後ろから見ると京都の街ゆく人々を、また京都全体のゆく先を姿勢を屈めて凝視し、案じているようにも見えますね。

話はそれて、猛烈な携帯電話の普及により、

「待ち合わせに時間通り来る」

というモラルが失われてきている気がする最近です。

「ごめーん5分遅れる!」

とメールか電話で言えばよいのですから。

全員がトランシーバを持っている状態で、定位置で相手をじっと待っている必要もない。

そんな現代でも、京都の土下座前でじっと待つ若者は、たくさんいる。

京都人の心に息づく、「待ち合わせのメッカ:土下座前」なのである。

「とりあえず、土下座前でね。」なのである。

意外と律儀、京都人。

さて土下座の近くには、夜遅くまで開いている船はしやが。

懐かしい豆板、売ってます。

豆板

ブログランキングです★
ぜひぜひ1ポチよろしくお願いします ~
↓↓↓↓↓↓
Banner_02_1

投稿者 老舗モール 時刻 11時21分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木)

美しきかな夏花火

今日はちょっと番外編。

いつも京都で箱入り生活を送っている自分ですが、

「夏はやっぱり花火でしょ」

ということで、京都駅から電車で15分ほど揺られて行ってきました、

お隣は滋賀県の琵琶湖花火大会

Hanabi

琵琶湖の水面と夜空いう巨大なキャンパスに描かれる約10,000発の花火。

毎度思うんですが、「こんなのタダで見せてもらっていいの?いいの?」というかんじの大スペクタクルショー。

ストーリー性もしっかりあって、魂が震えるほどの感動を味わえます。

今年は彦根城築城400周年ということもあって、彦根藩の勇姿を花火に表現したりとなかなか派手な演出が多かったように思います。

約1時間の花火大会。ちょびっと動画で夏の醍醐味を楽しんでください、、

(注:花火の音も大迫力だったのですが、私のはしゃぎ声が耳障りなので音声を消してあります)

花火が終わった後は、夜空に向かってブラボーブラボーの大歓声&拍手。

そして大津駅までの35万人(!)の大行進、、疲れた。。

こちらは版元、芸艸堂さんの笠松紫浪の木版画「夏の夜」。

たまやー

sk35 夏の夜ー笠松紫浪木版画 Shiro Kasamatsu Shin hangaー

Banner_02_1

←ブログランキングに参加してます★

投稿者 老舗モール 時刻 11時59分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

外はだるま、中身は、、?

なんとも言えない表情のだるまの置物。直径約6cm。

Darumikuji01

置物かと思いきや、なにやら下からヒモが、、?

Darumikuji02

しゅるしゅる。

巻物みたいな紙が出てきたぞ。

Darumikuji03

なんとおみくじが入っていたのでした。

これは先日行った「だるま寺」で引いた「だるまみくじ」。

だるまパラダイス、だるま寺こと法輪寺の記事はこちら!

このだるまみくじ、300円くらいだったと思う。

それにしても。

私、かなり久しく「大吉」を引いていませんでしたので、大変興奮しております!

「大吉」とわかった瞬間から、だるまの表情がかわいく見えるから不思議。

こちらは本気でかわいらしい、山田松香木店の匂袋 姫ダルマ。

匂袋 姫ダルマ

Banner_02_1

←ブログランキングに参加してます★

投稿者 老舗モール 時刻 18時37分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

歌舞伎の祖

人通りの多い四条京阪の北西角、

鴨川の柳のたもとに悠然と立つこの像。

Okuni01

顔はりりしいけど髪の毛長い、、、男??女??

左手には刀、右手には扇、、、、、男??女??

躍動的なその姿は、不思議な色気があって大層魅力的なのでした。

この方はいわゆる、出雲の阿国

安土桃山時代の女性芸能人であり、歌舞伎を作ったおねえさんであります。

最初は出雲大社に巫女として仕えていましたが、アグレッシブで創造性に溢れた女性であったため、京都に逃亡、そして独立。

京都の地で、男装をして斬新なダンスを披露したところ、一躍人気者に!

これが「歌舞伎」のはじまりなんですね~。

その阿国の歌舞伎の伝統を今に伝えているのが南座。

ちょうど阿国の像の目線の先50mほどのところにあり、人気演目でいつも人手が絶えない、祗園のランドマーク的存在であります。

Okuni02

「わたしの創った歌舞伎、今も大人気なのねぇ、、、」

阿国も誇らしいことでしょう。

木版の竹笹堂では、歌舞伎役者の木版画を発見。

<font size=2>役者絵木版画/豊国

アメリカのボストン美術館に収蔵が許された逸品です。

阿国の像があるのはココ↓

Banner_02_1

←ブログランキングに参加してます★1ポチよろしくお願いします★

投稿者 老舗モール 時刻 10時22分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

八幡の流れちゃう橋

とうとう京都も先日をもって梅雨入りしたようです。

今朝もしとしと降り続く雨。

さてさてそんな梅雨の季節にタイムリーなびっくり橋のお話を。

私最近、京都府八幡市の岩清水八幡宮付近に行きまして、

そこでなんとも情緒ある橋を発見。

周りの景色も、京都とは思えない見渡しの良さ!

ドーン

Hasi01

これは、木津川にかかる「流れ橋」こと「上津屋橋(こうづやばし)」。

全長356.5Mの日本最長級の木造の橋でございます。

これだけ情緒のある橋なので、映画の撮影にもよく使われるそうですよ!

この橋のどこがびっくりかというと、豪雨などで水位が上がると、

この橋、あっけなく流されてしまうんです。

まさに「流れに身をまかせ」状態。

「でも流されることなんてめったにないんでしょ。

だっていつもこんなに水位低いし。」

Hasi02_1

かと思いきや、驚いたことにこの橋、すでに15回も流されているとのこと、、

正確には「橋げた」(橋の足の部分以外)が八分割して、いかだみたいに流れるみたいです。

実際に流されたときの写真はコチラで見れます

直近では2004年に流れたそうですよ。

Hasi04

頑丈に作ればいいのに、、とお思いの方も多いでしょう。

しかし、流れ橋は、洪水の二次被害を少なくするため、
初めから頑丈に造らないという技術者の知恵の集まった橋なのです。

今日の雨もジャンジャン降り続くことでしょう、、

そんなときには、

「ああ、今日も流れ橋は流れてないかしら、、、」

と思いをはせることが多くなりそうです。

なんとも珍しい流れ橋は、ココにあります。一見の価値あり!

雨の湿気には、竹炭10kg分のパワーを発揮するチクノキューブを★

竹炭 チクノキューブ1個

Banner_02_1

←ブログランキングに参加してます★1ポチよろしくお願いします★

投稿者 老舗モール 時刻 10時47分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

京都迎賓館に行こう!

京都迎賓館が平成19年度の一般参観者を募集しています。

参観資格は、満16歳以上。

参観日は、

(1) 7月24日(火)から7月31日(火)まで(8日間):京都府民・市民を含む全国民対象
(2)

8月1日(水)から8月2日(木)まで(2日間):京都府民・市民対象

私は、昨日はりきって応募しました。

往復はがきを合計12枚、せっせと書きました。

この迎賓館一般参観、毎年かなりの人気だそうで、去年の倍率は10倍以上!

「京工芸の最高峰」でご紹介している石工芸の西村金造氏・大造氏や、

蒔絵の下出祐太郎氏、陶器の清水六兵衛氏も、迎賓館に作品を納めておられるということで、

どうしても

どうしても

どうしても

見てみたい。

Geihinkan01

↑これは京都御所・紫宸殿の一般公開のときの写真

今までのどの抽選よりも燃えています。

ポストに手を合わせたのもこれがはじめて。

神様、どうか当たりますように。。

倍率が増えるのもくやしいですが、一年に一度の機会です!

気になられた皆様、是非応募してみてください★

これはもう神頼みか!?京都五明の「四つ葉の願い~勝運祈願ギフト~」

四つ葉の願い~勝運祈願ギフト~

Banner_02_1

←ブログランキングはコチラ

投稿者 老舗モール 時刻 09時57分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

恋みくじをひいた

  いや~なんたって、源義経と静御前が出会った場所ですからね~

あ や か り た い    と。

というわけで、神泉苑の境内で、いざ恋みくじをひいた。

Sinsen05

一体300円です。一「体」って??って思った貴方。

こういうことなんですよ。↓

Sinsen06

かわいいおみくじでしょ?そのままお守りにできちゃうんです。

さてさて気になる結果は。。(私は過去に八坂神社の恋愛みくじでなんと「凶」を引いたことがあります。今回も凶が出ようものなら落ち込むのを通り越して笑ってしまいそう)

Sinsen07

じゃ~ん ちゅうきち!

わ~いわあ~い。

詳細もなかなか詳しくて参考になるんですけど、

「干支・・午年生まれが良い。但し苦労することがあります。」

って、、苦労はしたくないから他をおすすめしてほしかった。。

うう~ん 恋も愛も、甘酸っぱくてそして難しいよねえ。ねえガーコ。

Sinsen08

「・・・・・・・」

神泉苑のガーコは無視を決めこんでいた。

ちなみに池には鯉がいっぱいいました。

鯉に相談すればよかったかしらん。

京扇堂の鯉の扇子はメンズですがかわいいです。はねてます。

Koi

Banner_02_1

←ブログランキングに参加してます

★ぜひ!1ポチよろしくお願いします★

投稿者 老舗モール 時刻 17時47分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月11日 (金)

戻り橋の伝説

先日はオカルトな記事を書いてみました。

やっぱり夏はオカルトだよね!

涼しく過ごせるし。

ということで、今回もオカルトなかんじでいこうかなと。

陰陽師で一躍有名になった清明神社のすぐ近くに、「戻り橋」という橋があります。

Ichijo01_1

堀川にかかるその橋は、交通量も結構なもの。

しかしこの橋、葬列や霊柩車は絶対に通りません。

遠回りになっても、別ルートを選びます。

なぜかというと、

死者が蘇ってしまうから。

死者が戻るから戻り橋って言うんですよ。。きぁ~

Ichijo02

延喜18年(918年)12月、漢学者・三善清行の葬列がこの橋を通った際、父の死を聞いて急ぎ帰ってきた熊野で修行中の子・浄蔵が棺にすがって祈ると、清行が雷鳴とともに一時生き返り、父子が抱き合ったという。

それは普通にエエ話ではあるけど。

やっぱりゾンビは怖いよ。

ちなみに、結婚を間近に控えたお嬢さんも、通ってはだめなのよ。

なぜって?

もうお気づきですね。

「出戻り」になっては困るからであ~る。

気をつけましょうね!

恐怖の戻り橋はココですよ↓

オカルトと、冷たい食べ物でひんやりと初夏をお過ごしください。

京都吉兆の、冷やでも美味しいにしんそば。

京都吉兆:にしんそば(二人前)

Banner_02_1

←ブログランキングに参加してます★1ポチよろしくお願いします★

投稿者 老舗モール 時刻 17時37分 京のよもやま話
| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 9日 (水)

妖怪の棲む公園!?

ぽかぽか陽気どころか、京都は昨日30℃を超えたそうです!

うあー暑い!

そんな中、二条城の裏手にある二条児童公園は元気な子供達とそれを見守るお母さん方で賑わってました。

そこでおにぎりをムシャムシャと食べていると、不思議な形の水たまり?を発見。

Nue02

明らかに人造ですが、真中の石碑はいわくありそうな、、

正面に回りこんで、説明を見る。

Nue03

なんと、この周辺にはその昔、鵺(ぬえ)が出たんだそうな、、

鵺!

ていうか、鵺(ぬえ)ってどんなの??

こんなの。。。 こわい。。

なんたって、「頭は猿、胴は狸、尾は蛇、手足は虎の形をした怪鳥」ですからね。

しかも夜中に「ビォ~ ビォ~・・・」と不気味に鳴くというのですからたまりません。

その鳴き声に悩まされた近衛天皇のために、源頼政が鵺をエイヤと倒し、その矢じりを洗ったのがこの地である、、、ということです。

現在は綺麗に整備されちゃって水たまりってかんじですが。

昔はこの地に天然の池(鵺池と呼ばれていた)があったみたいですよ。

今はこんなにも平和な児童公園なのにね!

Nue04 

公園の片すみには、鵺神社がひっそりと建てられています。

Nue01

迷信は信じないほうですが、公園でぼ~っとしてるうちに

やっぱり鵺とかぬりかべとかいるんじゃないの?

って気になってきました。

二条界隈は妖怪ワールド??ぞくぞくしてまいりました。

これだけ歴史の長い京の街のこと。

妖怪とか、浮かばれぬ武士とか、いろいろひしめいていてもおかしくないなと、想像は膨らむばかりなのでした。

まさに魑魅魍魎の京の街。

暑い季節にはこんな京都も悪くない。

二条児童公園は京都NHK放送局のすぐとなりにあります★

こちらは紫織庵さんの骸骨柄(!)の浴衣。しゃれてますね~しゃれこうべ。

浴衣 市松骸骨

紫織庵さんでは他にもいろいろ素敵な浴衣があります!

Banner_02_1

←ブログランキングに参加してます★1ポチよろしくお願いします★

投稿者 老舗モール 時刻 10時23分 京のよもやま話
| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年4月26日 (木)

旧二条城!?

京都御所に近くにあるこの石碑。

Nijo01

「旧二条城跡」。

これが建っているのは、京都御所の西隣に位置する平安女子中学校・高等学校の敷地内。

Nijo02

京都御所のとなりに二条城があったの??

いえいえ。

「旧二条城」は、現在の有名な二条城とは全く別モノ。

現在の二条城と区別をつけるために「旧二条城」と呼ばれています。

旧二条城は翌永禄12年(1569)、織田信長が、将軍足利義昭のために作ったお城。

せっかちで怖い織田信長の指揮のもと、なんと城はわずか70日で完成!

建設中は常に1万人以上の人手を要したそうです。

高い石垣を設けた城で、庭園や建物の装飾もかなり豪華だったみたいです。

信長の権力ってほんとにすごいなあ、、、

ドラマなんかでは短気で残酷な人物像で描かれる信長。

実は信長の声は再現してみると、かなりかん高かったということですが、、

ソプラノでうなる信長。。うう~ちょっと想像したくないかな。。

もうすぐGW!京都に来られた際は石碑めぐりで奥の深い歴史探訪はいかが?

さて、この石碑の近くには山田松香木店があります★

昔の人々これで香りを楽しんでいました。御所袋。

御所袋(小)友禅

旧二条城跡はココにあります★↓

Banner_02_1

←ブログランキングに参加してます★ぜひぜひ1ポチよろしくお願いします★

投稿者 老舗モール 時刻 20時50分 京のよもやま話
| | コメント (0)

2007年3月12日 (月)

三条ミステリーツアー

私は学生時代ずっと日本史が大の苦手でした。

漢字ばっかり。

相次ぐ男同士の争いばかりで華がない。

弥生時代以降、登場人物が急に増えてついていけない。

そんな数々の理由から、できるだけ日本史を学ばなくてもよい進路、環境を選び、今まで生きてきました。そして今、それを激しく後悔しています。

京都という土地に住んでいながらそんな道を選ぶのは、はっきりいって愚かでした。

なんたって京都は歴史の街。

歴史好きなら垂涎ものの重要スポットが街中にゴロゴロ転がっているのに、私はなに一つわからないで「?」となっていなければならない。

これは京都生まれとしては結構な屈辱です。

なんたって勉強していない私が悪いのですが。

前置きが長くなりましたが、この度、私のような歴史音痴にとって、かなりお助けなモノを三条大橋周辺で発見いたしました。

これです

Sanjo01

なんと、歴史的スポットのそばに、詳しい説明が書かれたプレートが知らないあいだに設置されていたのです!

これは高瀬川付近の昔の様子について↓

Sanjo06

横断歩道を渡って、三条大橋北西地点では、

Sanjo02

佐久間象山大村益次郎 遭難之碑

ここでこんな衝撃的な事件が!!向かいには小川珈琲もある、平和な場所なのに。。

Sanjo03

そこから寺町に向かって西へ行くと、

池田屋騒動址!今はパチンコ屋ですよ!?

Sanjo04

いや~それにしても街を歩いているだけで勉強になります。

そして、もっと歴史を勉強しようとおもいました。

こうしてリアルに現場を見せつけられると、がぜん好奇心が沸いてきますからね!

よし!794うぐいす!

便利堂さんでは、こんな渋いミニ屏風が。

源平合戦図屏風。

屏風<源平合戦図屏風>

今日のスポットはこのへんにかたまってますよ~↓

Banner_02_1

←ブログランキングに参加してます☆応援してね!

投稿者 老舗モール 時刻 19時39分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 9日 (金)

なんと読むでしょう?

Ta1

ヒントその1:京の名旅館

ヒントその2:素朴に読んでみてください

ヒントその3:トムクルーズも泊まったよ

正解は...

...

...

Ta2

俵屋(たわらや)

でした!

ああ泊まってみたい。。創業300年の名旅館で最高のおもてなしを。

先日に引き続き、クイズ形式記事でした。

はぁ

さて仕事しよう。

俵屋旅館の地図はコチラ↓

Banner_02_1

←ブログランキングはこちら★応援してくださいぃ

投稿者 老舗モール 時刻 16時02分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月27日 (火)

3時のおやつ

今月の茶菓で好評発売中の、桜しぐれと茶ちゃ

Sa1

Sa2

餡が桜色でおいしい~~~~

もう春ですねぇ。。

Sa3_1

Banner_02_1

←ブログランキングに参加してます♪

投稿者 老舗モール 時刻 15時54分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月26日 (月)

バス停で

勇ましい後ろ姿発見。

Bs02

Bs01_4

目撃日は2月23日(金)。

きっとこの大役を果たす方だと思われます。

ついていきたかったなー

Banner_02_1

←ブログランキングはこちら★クリックよろしくお願いします★

投稿者 老舗モール 時刻 14時01分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月14日 (水)

ロゴ入り松風

京都信用金庫で、かなりうれしいものをもらってしまいました。

Ma02

京都信金のマークが入った味噌松風

味噌松風は、京菓子の一種。典型的な和菓子が一気にモダンな印象に!

マークの部分は粉砂糖かな。

Ma03

裏には白胡麻がぎっしり。ううーおいしそう。。

でももったいないので食べずにしばらく眺める。

それにしてもこのマーク、京都に住んでいたら一週間に一回は必ず見てるんじゃないかしら。

現在地の名前もマークの横に書いてあるので、道に迷ったときもなかなか便利です。

Ma01_3

京都、特に四条烏丸などの中心地にある銀行は、レンガ造りなど歴史的建築物が多かったのですが、昨今に軒並みつぶされてしまいました。耐震性の問題らしいですが、なんだかさみしいですね。。

ちなみにこのマークの意味は、「3つのCが重なり合ったもので、すなわちお客さまCustomer、職員Company、そして地域社会Communityが互いにしっかり結びあった図。またこの大きなCは、そのまま文化Cultureを表す」だそうです。

老舗モールもなんかロゴ製品作ろうかしら。

でも「老」マークってのも再考の余地ありだな。。

こちらは「梅」のマーク入り!

Ume_5 

お婦久軒の梅もち。北野天満宮の梅花祭は25日開催です☆

Banner_02_1

←ブログランキング参加してます☆応援してくださいね☆

投稿者 老舗モール 時刻 19時25分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 9日 (金)

うれしい近道

若者が集う四条河原町。

新京極アーケードの入り口、四条通り沿いに、あま栗の林万昌堂があります。

このお店で、新鮮な驚きに出会えます。

答えはここから入る店の奥!

Ni4_1

そう、店の奥に神社が開けているのでした。

Ni1

そめどの地蔵は安産の神様。

林万昌堂は今から約130年前の、明治7年創業。

そめどの地蔵は1000年以上前に作られたもの。

大切なお地蔵様は周囲がどんどん変わってもずーーーっと残って、

結果、店の奥に裏庭みたいに神社がある。

その周りは京都一地価の高い繁華街。

というミスマッチなレイアウトになってしまったわけですが、きっとあと1000年後も形を変えずに残ってるんだろうなと思います。

Ni2

そめぬき地蔵は 新京極通りにも抜けられます。

要するにこんなかんじ。

Ni5_1 

歴史を感じるショートカット。是非通り抜けてみてください。

一瞬の喧騒から離れた世界に感動まちがいなしです。

林万昌堂の栗アイスでも食べながら、どうですか?

栗あいす 120ml

地図はコチラ↓

Banner_02_1

←ブログランキングに挑戦中!あなたの1クリックください!

投稿者 老舗モール 時刻 18時59分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 6日 (火)

和太鼓ドン

先週の金曜夜、三条京阪あたりで面白そうなことをしている団体を見つけました。

風と共に耳に吹き込んでくる軽快な和太鼓の音。笛の音。

20人くらいの人だかり。

「はて?」

人混みをかき分け覗き込むと、

W1_1

踊っている。

コスチュームからお察しのとおり、踊り方は純日本風。

剣なんかもふりかざして、切れ味の良いステップを披露していました。

W2_1

踊っているのは男性1人、女性1人。息ぴったり。

演奏は和太鼓数人、笛数人といったところか?

楽器は少ないのに、ちゃんと音楽になっているのがすごい。

ぼーっと見入っているうちに、演奏は終了!

W3

「ヤアーっ!」てかんじ。

踊ってた方から、まだゼイゼイ言っているのに、

「私達は、立命館の学生で活動している「和太鼓ドン」という団体で~す!」

と元気いっぱいな自己紹介が。

大学生さんだったのですね~

彼らは2月18日に自主公演を行うらしく、その資金集めとして三条京阪前でのゲリラライブを敢行したのだとか。

がんばってる学生さんは無条件に輝いている!

その輝き、分けてください!!!

元気で軽妙な和太鼓の音がどこからともなく聴こえてきたら、

それは和太鼓ドンの気配。

おうちでも太鼓、楽しみますか?

kyohoo?!かえるのでんでん太鼓

かえるのでんでん太鼓

和太鼓ドンはココで目撃!↓

Banner_02_1

←ブログランキングに参加中★ぽちっと応援してくださーい★☆★

投稿者 老舗モール 時刻 19時54分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月31日 (水)

久々に物欲が頭をもたげた

一月最後の京の空。

撮影場所は川端御池。鴨川から撮りました。

J1_2

明日からもう2月です!月日がたつのが早い。早すぎてます。

私はこの冬、京都でまだ1回しか雪を見ていません。

というか1,2回しか市内は降ってないと思うんだけど、、(間違ってる?間違ってる??)

節分祭は今週土曜ですが、幼い頃は毎年節分の日に壬生寺に行くと雪が降っていた記憶があります。

寒さの峠はもうすこし先か。。?

話は変わって、帰りにぱちりと撮った烏丸御池付近にある金高刃物老舗さんのショーウィンドウ。

J2_3

ギラリ。これだけ並ぶと大迫力ですね。

ちょっとクラクラしてきました。

職人さんが熟練の技で研ぎ出す包丁の数々。

「価格の違いは切れ味の違いそのもの」なんだそうで、そんなに切れる包丁ってこわいな、、。

さてさてそんな金高刃物老舗さんで強烈に物欲をそそる品物を発見!

爪切りニッパー(WINGスペシャル)

爪切りニッパー 15,750円

「爪をパチンと切るのではなく、サクっと切る感触が新鮮です。
重量も35gと非常に軽く、TASのモデルの半分の重さです。
この爪切りニッパーを一度使うと、他のニッパーを使えなくなることは、間違いありません。」

猛烈に使ってみたい。。ちょっと手が出ない値段だなと思ったら、8000円台のものもありました。買おうか真剣に悩んでいます。

最近、精神がやっと少しだけ大人になってきたせいか、「一生モノ」に弱いです。おばあちゃんになっても愛着を持って使える良いもの。

この爪切りもそうやって使っていきたいなあ。

クルミ割り

こんなものもあります。クルミ割り。ぎんなんも割れるよ!

金高刃物老舗さんの地図はコチラ↓

Banner_02_1

←ブログランキング参加してます!ぽちっと応援してください。よろしくです★

投稿者 老舗モール 時刻 19時40分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月30日 (火)

しばわんこ

週末は友人の飼い犬(柴犬、女の子)と戯れておりました。

D2

やっぱり日本は柴犬がしっくりくるなあ。

あのキツネ目は数年前から外国でも大人気だそうです。

NHKにて放送されている「しばわんこ」皆様見られたことありますか?

和の心を持ち、日本家屋に住む柴犬のしばわんこ。

みけにゃんこと同居しています。

なぜか会社にある「しばわんこの和のこころ」を読みましたが、

終盤にはしばわんこのことを師としてあおぎたくなる内容でした。

年越しの準備も抜かりなく、お茶の作法までばっちり。

日本の風習を教える本も、これだけとっつきやすいといいですね。

D1_1

きみもこっそり「和」なことしてるのかな?

ところで京都には、犬が人間と一緒に入れる「ドッグカフェ」というのはあまりありません。

唯一知ってるのは新風館1Fにあるask a giraffeかな?

京都御苑鴨川など、犬と気持ちよく歩ける場所が多いからかもしれないですね。

さて、老舗モール内で「どうせないだろうな、ふー」と思いつつ「柴犬」をダメモトで検索したところ、

あった。

柴犬のブローチby中野商店さん。

ブローチ柴犬

Banner_02_1

←ブログランキング参加してます★ぽちっとクリックしてね。よろしくお願いします!

投稿者 老舗モール 時刻 18時14分 京のよもやま話
| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年1月29日 (月)

ザッツ京都本!

私共の職場には、仕事柄あふれんばかりの京都本があります。

J1_1

スグレモノのお役立ち本だと皆が折々にページを開くので、オンボロに、、

これらの本はかなり大切な情報源です。

しかし、実は私はいつも物足りません。

京都に関する書籍全てにおいて。

それはひとえに情報誌「京都」のせいではないかと最近気付きはじめています。

情報誌京都は、石田大成社が景観論争の起こった1992年から2006年まで隔月で刊行してきたもの。

老舗モールの生みの親でもあります。

J3_1

京の老舗主人の精神をディープに、繊細に取材した内容は、どこまでも引きずりこまれそうな、とんでもない魅力に満ちています。

そんな情報誌も2006年、87号をもって最終号を終えました。寂しい限りです。

こんなコアな京都の情報が載っているものって、私は見たことがありません。

その希少性で、一つ一つの情報がキラキラ輝いてみえる。。

自社のものをほめちぎるのはどうかとも思うのですが、ほんとのことなので書いてしまいました。

最終号は総集編でした。今まで取材した老舗主人578人の千差万別の一言を一冊にまとめてあります。

私が心に沁みた老舗主人の一言をいくつか。

「大切なのは信用ですから、店はこじんまりでいい。」

「東京は消費の文化、京都は蓄積の文化。」

「『あんたんとこで買ったら安心』の一言に尽きます。」

うううーいいですね。。。たいへんずしりときます。これからも京を生きるうえでのバイブルにしていこうと思います。

J2_1 

バックナンバーもここから頼むことができます。

一冊読んだら全部読みたくなること間違いなし。。

老舗モールでも書籍が買えます。

紫紅社「虹色どろぼう」なんておすすめです。

「虹色どろぼう」

Banner_02_1

←ブログランキングに参加してます!ぽちっと応援してくださーい!

投稿者 老舗モール 時刻 19時59分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月11日 (木)

キタノハイジ

モールスタッフ、Kさんが営業の帰りに撮ってきてくれた謎の石碑。K1

「きたのハイジ??」

「なんだろうこれなんだろう」となり、検索してみると、

なんと

北野廃寺京都盆地では最古の部類に属する寺院(飛鳥時代~平安時代)

であることが判明しました。。

「なにげに撮った写真が、なんか大物だった!!」

こんなことってたまにありますね。

さて、北野廃寺は、太秦広隆寺の前身、蜂岡寺(はちおかでら)であるという説が有力だそうです。

西大路今出川周辺を北野白梅町と呼びますが、このあたりは立命館大学も近くて人通りも多く、交差点付近には数々の飲食店やイズミヤやパチンコ屋や天下一品やケンタッキーフライドチキンが軒を連ね、大層にぎわっている地域です。

その交差点を中心として、100m四方の寺がドドンと建っていたというのですから、なんか、すごーいことではないですか?

今すぐ北野白梅町の交差点のど真ん中から天を見上げたくなってきました。

だから歴史の深い町っておもしろい。

そして北野天満宮の向かいには、とようけ屋山本さんがあります。

K2

看板に風神雷神がいらっしゃいました。。知らなかった。

鍋がどんどん美味しくなってきますね!寒いのはいやだけど、それだけはうれしい。

とようけ屋の豆腐孝太郎の酢のポン酢とか、最強だろうなあ。。

夢心地。。

Banner_02_1

←ブログランキング参加してます!ぽちっと応援してください、お願いします!

北野廃寺があった場所はこのへん↓

投稿者 老舗モール 時刻 18時43分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

京の聖夜

コンビニではクリスマス本番である今日、既にケーキが半額に!

クリスマスイブがすっかりメインに定着してしまった今、イブイブ(23日)なんて言葉も出来て、なんだかもうわけがわかりません。

そんなわけで先週末は世界中がたいそうにぎやかだったことでしょう。

私は十年ぶりくらいに友人達と

「輪になってクリスマスプレゼント交換」をしました。

1000円相当のプレゼントを各自買ってきて、

歌いながらプレゼントをグルグル回しました。

当たったのは、相田みつを日めくりカレンダーでした。。

し、しぶいなぁ。。。

毎日、深いつぶやきをかみしめながら出社することにします。

人間だもの。

さて、クリスマスイブの京都の繁華街はというと、

X1

焼き芋屋さんが大繁盛してました。

蛸薬師河原町の行列のできる焼芋屋にて。

帰り道、同志社大の巨大なクリスマスツリーが見えたのでパチリ。

X2

河原町御池の市役所の前も定番のツリーが。

X3

一応ケーキも食べておきました★

X4

いちごで出来たサンタ(右上)がかわいいでしょ☆

クリスマス本番は今日です!

皆様メリークリスマス!

X5

あと一週間でお正月です!

漆器の井助さんの、羽子板の羽の箸置き

Banner_02_1

←聖夜にぽちっと応援してください。お願いします☆

大人気の焼き芋やさんはここです↓

投稿者 老舗モール 時刻 18時21分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

”京都まで○km”の謎

以前、「京都の中心」へそ石の話をここで書きましたが、

このほどこんなものを発見しました。

Kyoto1

京都市道路元標。←ウィキによると道路の起終点を示す工作物のことらしい。

日本の各都道府県に1つ、必ずこの元標を置くことが義務付けられているんだそうです。

日本全国回って、この元標を探すのって楽しいでしょうね。

実際、元標マニアの方はけっこういらっしゃるんだとか。

で、この元標識、何に使うのかというと、高速の標識で「京都 5km」とか書かれてますが、あの距離の目安になる位置を示しているのだそうです。

私は「京都まで○○km」の示す「京都」の位置は、なんとなーく「五条堀川」だと思い込んでいた(ドーナツ型の市内最大の歩道橋があり、それがなんとなく中心っぽかったから)のですが、この元標のある場所が「京都」だったのか!!

衝撃。。

そして、この元標、どこにあるかというと、

Kyoto2

三条烏丸の、京都銀行の前。

ひっそりと、目立たず佇んでおりました。あまりにも目立たない。

写真を撮る私を見て「?」て顔をする人が多かったくらいです。

この元標は、昔は三条大橋にあったそうな。

三条大橋は、東海道の終点であり、当時たいそうにぎわっていたのですが、なんの理由か現在の三条烏丸(その間約1km)に移ったのです。

京都の方、三条烏丸を通られた際は、この元標を見つけて、なんとなくうれしい気持ちにひたってください。

スターバックスの信号挟んで向かいです。

三条烏丸のショッピング施設、新風館もクリスマスムードに彩られてました。

Kyoto3_2

あと3日でクリスマスですよ★

01_photo

京都はケーキも抹茶味!

ブランブリュンの抹茶のチョコレートケーキ。

Banner_02_1

←ケーキが食べたくなりました?ぽちっとよろしくお願いします!

投稿者 老舗モール 時刻 16時32分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

いってみようやってみよう!

京の老舗が主催する、興味シンシンの体験工房のページが出来ました!

これからは、「見る」「感じる」「体験する」京都!

私はですね、ミニ和傘が作ってみたいな、、

04_image 

主催店である日吉屋さん、店主さんはとてもはエネルギッシュで、

伝統的な和傘を守りつつ、「アートな和傘」を提案する、若き気鋭のクリエイターでもあるのです。

そんな店主さんのお話を聞けるだけでも思い出に残りそう!

いまふと、「私達は仕事をしながら、京の老舗を守り続ける立派な方達とこんなに

色々お話させて頂いて、山ほど貴重な体験をさせて頂いてるんだな、、」としみじみ。

月曜日からしみじみです!

毎日毎日、勉強させてもらってます。

ありがとうございます老舗の皆様!

これから寒い季節ですが、体験工房、皆様ふるってご参加くださいませ☆

雪の降る京の町は、いくら防寒してもちょっと魂が震えますよ

京都のベストは冬だと豪語する老舗モールスタッフその3より

<font size=2>手摺り木版の年賀状(全種セット)

竹笹堂でもやってます!木版の手刷り体験。

あー年賀状そろそろ書かなければ、、、

Banner_02_1

←年賀状はもう書かれましたか?ポチっと1クリックお願いします☆

投稿者 老舗モール 時刻 18時39分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月30日 (木)

霜月去る

今日で11月も終わり。

明日から師走のはじまりです。

”師も慌てて走るほど忙しいから「師走」”って言いますけど、

ちょっと!走ってるひまがあったら仕事片付けようよ!なんて無粋な発言をしてしまいそうなほど忙しくなってきますね。

大変なのが今年中にやらなくちゃいけない家の仕事。

大掃除におせちの準備。。

この「おせち」が、年々作る人が減ってきてるそうですね!

「作る」ではなく「買う」人が年々急増中。

皆さんはおせちの「具」はなにが好きですか??

モールスタッフのOさん「黒豆(美味しいの限定)」

モールスタッフのKさん「にしんの昆布巻き」

私は「紅白なます」

、、、みーんなバラバラですねぇ~、、、

おもしろいなあ。。

あ、書いているうちにお正月ムードが脳に侵略してきてちょっと眠く、、

ちなみに、友人のことをおせちの具に置き換えるとなかなか楽しいですよ。

私は「頭がはみだしてる海老」と言われたことがあります。

女性なら「栗きんとん」とか言われると光栄ですね。

とにかく見た目に楽しく、食べてお正月気分満喫!のおせち料理。

老舗料亭のおせち料理特集を、私はいつも眺めて味を想像する日々。

きっと、

お い  し  い    ん     だ     ろ      な

04_photo_1

既におせちをご購入頂きました皆様、年明けには是非感想をお寄せくださいませ!!

Banner_02_1

←ブログランキング参加してます!ぽちっと応援してください、お願いします!

投稿者 老舗モール 時刻 20時07分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月10日 (金)

胎内めぐり

毎日たくさんの人でごったがえす清水寺ですが、

紅葉が美しくなる今の時期からがピークです!

実は私、去年に始めて清水寺と高台寺へ紅葉のライトアップを見にいきました。

「あぁ、こういうことなのか。」

全国の方が京都へ紅葉を見にこられる理由がわかった気がしました。

ちょっと呆然と立ち尽くしてしまうような、

なんとも幻想的な空間です。

ピリッとした寒さがまた厳粛なムードをかもし出してるんです。

文句なしに素敵です。

そして清水寺には、胎内めぐりというアトラクション(と言ったらいいのか)があり、

ここは観光に来られたら是非体験して帰っていただきたいスポットです。

数珠をつたって階段を下り、胎内を模した真っ暗闇をひたすら歩いていくと、

奥に一寸の灯火が。

それを見つけたときの安堵感といったら、普通の生活ではなかなか体験できません。

暗闇で 私自身の光を 見つける旅。

深いです、、。

というかけっこう怖かったです。

閉所、暗所恐怖症の方はしんどくなるかも、、

この時期だと胎内めぐりも結構並べないと入れないかもしれませんが、

是非行ってみてくださいね★

清水寺

千總さん清水寺の友禅色紙

今年も見に行くぞー!

Banner_02_1

←ブログランキング参加してます!ぽちっと応援してください、お願いします!

投稿者 老舗モール 時刻 18時54分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 9日 (木)

ちまちま談義

「酒の愉しみ」撮影のための器をお借りするために訪れた

田村莱山さんで、こんなにかわいらしいお干菓子を出してくださいました!

Higashi

こういうちまちまとしたのって、どうしてこんなにも

女子のココロをくすぐるのでしょうか!

ちまちま作業で最近楽しかったのは、携帯電話の蒔絵シール貼り。

Win_1

無機質な携帯が大変身しちゃいました。

スタッフのOさんが携帯に蝶の蒔絵シールを貼っていたのが

無性にうらやましく、わたしは桜を。

思ったんですが、こういうちまちま作業って、

かなりストレス解消できるんですね。

Oさんも私も夜にデスクで黙々と、

それはそれは真剣にシール貼りしたもの、、。

しばしの間その世界に没頭できて楽しいです。

きらめき蒔絵シール 桜金

一回貼るとなかなか(というか絶対?)はがれないスグレモノ!

毎度楽しい新製品を出してくださる、堀金箔粉さんの製品です★

Banner_02_1

←ブログランキング参加中!ちまちま作業が好きな方、ポチッと1クリックよろしくお願いします★

投稿者 老舗モール 時刻 18時02分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 6日 (月)

真っ赤な秋よ来い

三連休の京都、人がすごかったです!

でも紅葉はまだまだ。

タクシーの運転手さん曰く、

「この時期に街路の銀杏が真っ青なんはおかしいわ!おっかしいわ!!」

だそうです。

そういえば連休の間、私は兵庫県の城崎に行っておりました。

さささ寒かった~!

そして葉っぱもすでに赤く赤く色づいてました。

京都ももうすぐ!

グンと寒くなって、勤労感謝の日あたりには鮮やかな秋の京都に出会えるのではないでしょうか。

銅 紅葉香立 小

本物と見間違いそう!

清課堂さんのもみじ香立て

Banner_02_1

←ブログランキング参加してます!是非応援してください、お願いします!

投稿者 老舗モール 時刻 19時20分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

複合型情報発信施設

電電公社(旧NTT)をうまく改築した複合施設、

新風館(しんぷうかん)

京都の比較的中心地、烏丸御池にあります。

2001年に出来たときは、「なんかすごいもんができたなぁ」

かなりの違和感を覚えていたもんですが、今ではすっかり馴染み、

烏丸通りをビジネス街からファッショナブルな通りへ変身させるのに一役も二役も買いました。

Sinpu1

大正時代のレトロなレンガ造りの建物がうまくデコレーションされてます。

中は若者に人気のブティックやカフェ、雑貨屋がズラリ。

雑踏が苦手な私は、週末でも微妙に空いている新風館が好きです。

犬が入れるカフェもあるので、散歩の際に立ち寄るのもいいですね!

Sinpu2

中庭部分ではコンサートやってたりモーターショーみたいなことやってたり、、

とにかくいろいろやってます。

結婚式をやってたときもあったな、、

そうそう、ベロタクシーにも乗れますよ!

私は勇気がなくて一回も乗ったことがないのですが、今の季節は

風が気持ちいいでしょうね~

今度の連休を街中で過ごすも楽しいかも、、

ほんとはカニとか食べにいきたいけど、、、

Kani_1

ああ、

ポチッと買ってしまいそうです。魚政のカニ。

カニもいろいろ種類があるんですねぇ。

Banner_02_1

←ブログランキング参加してます!カニが食べたくなった貴方、ぽちっと応援してください、お願いします!

投稿者 老舗モール 時刻 18時26分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

うりぼー

友人が2007年の年賀状をもう作り出したということで、

あせらさないでください。。

来年の干支は(イノシシ)。

モチーフとしては大変かわいらしくて、年賀状もデザインしやすいのではないでしょうか。

そういえば今年の(イヌ)年の年賀状は、愛くるしい「我が家のペット」の写真だらけだった、、

今年もギリギリに出すことになるのでしょうか、年賀状。

しかしこれだけeメールが発達した今、大切にしていきたい日本の文化ですよね。

六兵衛窯さんではたくさんの亥アイテムが発売中!

亥の箸置き。

ところで、

干支にどうして猫は入ってないんでしょうかね?

Banner_02_1

←ブログランキング参加してます!ぽちっと応援してください、お願いします!

投稿者 老舗モール 時刻 17時04分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

今日の北野天満宮は空いていました。

訪問先のご主人曰く、

「秋の京都の観光客は皆嵐山のほうに行っていてこのへんは空いている」のだそう。

北野天満宮では、運が良ければ大迫力のお馬さんを目撃することができるのです。

私は何回か遭遇したことがあるのですが、

いつもツヤツヤの毛並みに見惚れ、

「馬ってこんなに大きかったっけ?」と圧倒されています。

その正体は、京都府警が誇る平安騎馬隊

たまに、午後に鳥居の周辺をパトロールしています。

在籍している馬は全部で8匹。

みんなかわいいですね~。

名前が、全部京都の山にちなんでるのもカッコイーですね。

宝時代祭や葵祭でも、彼らの勇壮な姿を見物することができます。

隊員はもちろん警察官で、ほとんどの隊員が白バイやパトカーには乗ったことがあるものの、乗馬は未経験で、配属後は泣きながら猛特訓したとか。

厳しい特訓を経た隊員は、皆キリリとしていて馬に負けないくらいかっこいいです。

やはり京都には車やバイクでなくて、優雅な馬がよく似合う。

こちらの馬も、いまにも駆け出しそうなかっこよさです★

シルバーキーリング<銀の馬>

竹影堂のシルバーキーリング

投稿者 老舗モール 時刻 18時34分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

コンビニにて

昨日コンビニに行ったらレジのお姉さんに、

「30代 女性」カテゴリのボタンを押されましたこんにちは。

今日も秋らしい天気でしたね。

なんのことかというと、コンビニでは普通、

レジを打つ際、客層のリサーチを取っているのです。

お客さんが買い物をしたら、従業員はバーコードピッの後、客の年齢層を一目で判断

し、年代、性別をレジのボタンで打ち込まなければいけないのです。

仕事帰りの夜なんて、疲れが顔に出て露骨に年代を間違えられちゃいます。

やれやれ。

コンビニといえば、祇園、八坂神社前のローソンは、他県と色が違う。

控えめなブルーなんですよ。

他にはマクドナルドも、京都の景観を配慮し、バックの赤がえんじ色です。

だから他県に行くとマクドナルドがド派手に見えるのか、、、

Mac1_1

↑御所前のマクドナルド

お豆腐食べて若返ろう、、

ソフト豆腐 

投稿者 老舗モール 時刻 19時31分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

雪待京都

気候の移り変わりがいつもより一段階早い気がする。

今年の残暑は厳しいとか言っておきながら9月はあっさりと涼風に包まれたし、

この分だと初雪も例年より早いんじゃないか!?

ドキドキしております。

京都で有名な雪景色といえば、金閣寺

雪が降った次の早朝、世の中にはこんなにカメラの種類があったのかと思うほど、

アマチュアのカメラマンさんが自慢のカメラを持って金閣寺に大集合します。

個人的に好きなのは、鴨川にかかる三条大橋の雪景色です。

川にハラハラ落ちる雪を眺めながら橋をゆっくり横断すると、

京都人でも「京都」にもう一度恋できちゃうのです。

でも、

とりあえず寒い。

あの「いけず」な、底冷えのカンジだけは耐えられない。

それでも冬の京都、秋と同じくらい綺麗ですから、

来てくださいね。

「雪の古都」茶碗

楽入さんの「雪の古都」茶碗

心を揺さぶる冬景色に出会えることでせう

投稿者 老舗モール 時刻 17時53分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

いい湯だな

普段利用はしないけど、

ある日ふと行ってみたくなる「銭湯」。

昔ながらの煙突と暖簾は少なくなってきたけど、

銭湯が現存しているのを見るだけで、なにか「ほっこり」した気分になれちゃいます。

京都市の北部には、大正12年創業の「船岡温泉」があり、地元ではかなり有名。

内装がレトロ!

そして北野天満宮近くには、「衣笠温泉」という銭湯があります。

創業は1954年。京都の銭湯の中ではかなり新しい部類に入るのでしょうか。

そこには名物「冷凍サウナ」があり、-10℃の冷凍庫を体感することができます。

冷凍サウナはどういう効果があるかというと、

熱いサウナ10分冷凍サウナ30秒再び熱いサウナ10分

というふうに繰り返すことにより、

身体中の老廃物を吐き出し、血行を促進する。

男女が一日交代で利用できるようになっているので、

行くときはどっちの日か、毎回賭けのようなものです。

近頃はスーパー銭湯も増えてきて、なかなかスポットが当たりにくい

地元密着型の銭湯ですが、冷凍サウナはなかなか珍しいのでおすすめです。

タオルがパリッパリに凍っちゃうんですから。

鳥獣戯画 手拭い(ピンク/グレー)

鳥獣戯画の手拭いも、 あっという間にパリッパリに!!

是非行ってみてくださいね。

投稿者 老舗モール 時刻 16時39分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月28日 (木)

今日の空 京の空

夕方、会社へ自転車で戻る途中、

ふと空を見上げると

夏より随分と空が高くなってきていることに気付きました。

Sky_1

そして電線が多い。。。

海外から来られた方は、日本の都会に降り立ってまず、

空を縦横無尽に走る電線の多さに驚くそうです。

外国の都市の電線は、ほとんど地下に埋設されているのですね。

電線がなくなったら、京都はもっときれいな都市になるだろうな~

とぼんやり考えました。

Sky2

こーんなきれいな京都の空が毎日見れると素敵ですね。

便利堂空海(そら・うみ)はがきセット

海バージョン4枚も付いてきますー

投稿者 老舗モール 時刻 18時41分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月27日 (水)

植物園に行こう

皆さんは寒いのと暑いの、どっちが耐えられないですか?

老舗スタッフでは2:1で「寒いのが耐えられない」に軍配。

私も過半数に一票。

なんてったって身軽に動く気力が全て奪われてしまうのがいや辛い。。

これからどんどん寒くなり、

テンションも比例して下がる一方です。

そんな寒さの中、年中束の間の「常夏」を体験できるのが、

京都府立植物園の大温室。

真冬でもコートを脱ぎ捨てて、(ロッカーに入れましょう)

世界各地の植物を眺めながら、30℃前後に保たれた温室内をのんびりお散歩できちゃいます。

特に砂漠気候の湿度低めの部屋は、

巨大なサボテンがニョキニョキ生えていて圧巻です。

温室を出て少し歩くと、公園内にキノコがニョキニョキ。

キノコの中は本棚になっていて、「子供のための野外図書館」になってるんです。

  Kinoko_5

かわいいでしょ?

そんなわけで、大人も子供も楽しめる植物園 は、秋も見ごろの植物がいっぱい!

是非でかけてみましょう!

秋のキノコといえばやっぱこれだな、、

Kinoko2

六兵衛窯松茸の箸置き

松茸食べたい。。

投稿者 老舗モール 時刻 19時22分 京のよもやま話, 京の風景
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

GION

今日の訪問先は祇園のど真ん中。

東のどんつきに八坂神社の朱塗りの鳥居が見え、

祇園は今日もどことなく華やかな雰囲気。

ちょうど南座での公演が終わった直後らしく、

四条京阪の交差点はものすごい人でごったがえしておりました。

ちなみに現在の公演はなかなか豪華キャストですね。

というわけで、

仕事と春の円山公演花見以外は、なかなか来る機会のない祇園の街ですが、

やっぱりなんとなく魅力的なムードに満ちた場所なんだなあと改めて感じました。

夜になると一層艶やかさを増す街、祇園。

昼間も素敵なお店がたくさんあって、観光客は皆笑顔。

さすが日本屈指の観光地、GION。

今度は休みの日に昼間訪れてみたいなー

Dbimage_6

南座の向かいには、ポーチもかわいい井澤屋が!!

投稿者 老舗モール 時刻 19時01分 京のよもやま話
| | コメント (0) | トラックバック (0)