« 京北町の自然に触れる | トップページ | 西陣の騎士像 »

2009年8月 6日 (木)

せせらぎの道

8月3日に、梅雨明け宣言が出た京都。

2008年は7月24日でした。

加えて梅雨明け平均日は7月19日ということです。

今年はまたずいぶん遅れたようですね~

というわけで日差しが痛いほどふりそそぐ、京都の昼下がりです。

Seseragi01

おや、雅に和傘なんてさして、、てお思いですか?(おもわないか)

これは、和傘型の日よけスタンド。

Seseragi02

鴨川東側の川端通りに沿った、三条から四条までのあいだに、こういった広場が作られています。

この前を通る道には人工の小川も作られていて、「せせらぎの道」という名前が付いてます。

↑「せせらぎの道」の名は、公募により名付けられたそうな。

京阪電車本線の地下化事業の一環として整備されたそうです。

祇園と三条京阪という抜群の立地であるにもかかわらず、人通りが少なくて癒されます。

堀川の整備といい、京都の河川周りはどんどん美しく整えられていってますね。

市民の憩いの場が増えて素晴らしいことだとおもいます。

Seseragi03

朱色の和傘の下では、容赦ない太陽光線を避けて人と鳩が集っていました。

ミーンミーン

ポロッポー クルックー

シャワシャワシャワ、、、、

これぞ日本の夏の昼下がりの音色。

そういえば今朝の早朝、ひぐらしの鳴く声を聞きました。

カナカナカナ、、、

眠気で朦朧としながらも、

「あー いい声だなー」

とおもいました。

梅雨明けがずれたということは、残暑も長く続くのでしょうか?

夏はこれからが、本番です。

↑せせらぎの道とその広場はコチラ

ブログランキングです★
ぜひぜひ1ポチよろしくお願いします ~
↓↓↓↓↓↓
Banner_02_1

投稿者 老舗モール 時刻 10時01分 京の風景
|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137805/45850229

この記事へのトラックバック一覧です: せせらぎの道:

コメント

コメントを書く