« 京の道で「涼」に出会う | トップページ | 版木の眠る蔵へ! »

2009年7月22日 (水)

京北の山国神社

京都市の右京区のはじっこ、

「京北町(けいほくちょう」

に行ってきました。

2005年までは京都市ではなく、京都府北桑名郡だったところ。

京都市と合併してから訪れるのは、はじめてです。

Keihoku01

景色は、見わたす限り杉の木がビッシリ生えた山々。

国道477号線を進むと、右手の奥に山国神社の鳥居が見えます。

鳥居までの真っ直ぐで長い参道がとても印象的。

Keihoku02

山国神社は、平安時代以前からのふるーい神社。

祭神は、「いなばの白兎」で有名な大国主命(おおくにぬしのみこと)。

Keihoku03

境内に入ると、勇ましいすがたの狛犬。

人は、周りに一人もいません。

Keihoku04

「京都の自然二百選」にも選ばれているということですが、この二百選て、よく標識は見るんだけど他にどこが選ばれているのか一覧で見たくて。

京都府に問い合わせてみました。

京都府のHPに写真付きでバッチリ載っているということで、見てみたら下鴨神社の糺の森保津峡をはじめ、青蓮院の「クスノキ」とか植物単体を指定していたりもします。

話がそれましたが山国神社。

なんせ古い神社です。

770年くらいに建てられたそうです。

平安遷都の際には本殿などに必要な木材をこの周辺で調達したことから、御料地として皇室ともゆかりのある土地なのです。

Keihoku05

あー空気がおいしい!!

これだけ杉が植わっていたら花粉の時期は黄色い粉末がブア~ッと見えたりするんでしょうが、今はひたすら清涼な植物の呼吸。

なんでこんな遠くまで、というのは理由がありまして、実はそのへんに畑地を借りているのです(二列だけ)。

そこで、プチトマトとかミョウガとか、

「ちょっと使うだけなのに、スーパーで買ったら微妙に高い」

系の野菜を育てています。

Keihoku06

今日の収穫はシソ。

Keihoku07

↑泥のついた靴を洗っていたらl、サワガニがいた。

「ちょっと高い野菜がポンポン育ったらお得ダナ」

なんて言ってますけど、交通費、肥料、いろいろ考えたらミョウガなんて一粒300円くらいになってますよ。。

しかしまあ自然の持つとてつもない癒し効果と、不出来なのに格別の美味しさを持つ自家製野菜に免じて費用対は考えない、と。

話がそれましたが、京北には桜が超有名な 常照皇寺(じょうしょうこうじ)なんかもあって、見所がたくさんです。

桂川の上流なので、鮎もおいしい!!!

またご紹介します~

山国神社はコチラ↓

ブログランキングです★
ぜひぜひ1ポチよろしくお願いします ~
↓↓↓↓↓↓
Banner_02_1

投稿者 老舗モール 時刻 17時52分 京の神社
|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137805/45709700

この記事へのトラックバック一覧です: 京北の山国神社:

コメント

コメントを書く