« 京野菜に触れた一日 | トップページ | 満開のあじさい寺へ »

2009年6月19日 (金)

中国の伝統を継承 青銅器

青銅器の表面が、ぐるぐるぐると緻密な模様

見ていると不思議な世界に吸い込まれそう

そこはかとないエネルギーを感じます

Hata02

こちらは、江戸時代より続く金工師、秦蔵六(はたぞうろく)による青銅器。

Hata03

京都に息づく伝統工芸の世界をみてみよう!

シリーズ第六回は、「青銅器」!

第一回>>繊細優美な硝子工芸

第二回>>役者の心を代弁、能扇

第三回>>「育つ」銅製茶筒

第四回>>「漆黒と金の競演、象嵌」

第五回>>「植物染が生む古代の色彩」

秦蔵六さんは現在六代目。

古代中国器の意匠から美のエッセンスを抽出し、個性豊かな青銅器を創作する作家さんです。

上でご紹介した青銅器の名前は

「青銅犠耳饕餮蝉文方罍」

せいどうぎじとうてつせんもんほうるい

饕餮

↑この文字は、、、すごい文字ですが

とうてつ

この文様のことを饕餮文様(とうてつもんよう)というそうな。

Hata06

金属工芸の代表的な技法、「鋳金(ちゅうきん)」の「蝋型(ろうがた)」を用いて作られています。

この方法だと、1つの型から1つの作品しかできない。

なぜなら金属が固まったあとは、型を一回一回壊さないといけないからです。

だけに、ものすごく手間がかかるそうです。

Hata04

↑これは塗金銅霊芝(ときんどうれいし)。

様々な効能があると中国で信じられているキノコ、霊芝をかたどったもの。

なんか、なんかとてもいいですこれ。

個人的にほしい!!!

この緑青に塗金の仕上げは、秦家に代々伝わる独自の表現。

金と青緑の出会う部分が、なんとも美しい。

Hata05

↑こちらはうってかわって、ピシッと美しいフォルムに落ち着いた色艶が魅力的な

青銅龍耳觚。

う、、、読めない、、、、、

秦蔵六の作る銅器は、中国古銅器を基にしているため、作品の名前も難しい漢字が多いんです。

これらの青銅器は、実物を見ると、歴史と伝統の重みをズッシリと感じることができます。

実際重いんだろうけど、、

今回ご紹介した作品は、岡崎にある京漆匠 象彦で展示中で、購入も可能です。

是非行かれてみてください◎

老舗モール逸品ギャラリーのご案内はコチラ

Ishida08

ブログランキングです★
ぜひぜひ1ポチよろしくお願いします ~
↓↓↓↓↓↓
Banner_02_1 

投稿者 老舗モール 時刻 09時35分 京のもの
|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137805/45377964

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の伝統を継承 青銅器:

コメント

コメントを書く