« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月26日 (月)

ニットでおシャレのお地蔵さま

おさむおす 小雪ちらつく 京の冬

思わず一句詠みたくなるほど寒い、一月下旬の京都です。

私の冬のデイリー必需品は、風を一切通さない手袋!

そしてイヤーマフ(耳ほか、耳あて)!!

営業車(自転車)で走る際に、これらがあるのとないのでは体感温度が天地の差!

そんな極寒の中、お地蔵さまたちも防寒対策に余念がないようでした。

Rokkaku01

みんなカラフルなニットキャップをかぶっているではありませんか!!

これはなかなかの衝撃映像。

壮観な光景でございます。

ぽかぽか具合に思わず寝そべるお地蔵さまや、

Rokkaku02

若者らしく(HIP HOP調?)目深にかぶって個性を出すお地蔵さまも。

Rokkaku03

なんともかわいらしい冬バージョンのお地蔵さまたち。

烏丸六角にある「六角堂」の、わらしべ地蔵さまです。

小さな子供たちを守ってくれるお地蔵さまなんですよ~

このニット帽はきっと手作り。

みんなかわいらしいニット帽とよだれかけを付けてもらって、とっても幸せそう。

Rokkaku04

ここ六角堂(頂法寺)には「京都のへそ(中心)」があったり、白鳥が優雅に泳いでいたりと、都会のど真ん中のあって見どころたっぷりのお寺です。

お寺の周囲は、京都にしては高ーいビルに囲まれ、なんか不思議なかんじ。

Rokkaku05

白鳥は寒くないのかしら。

Rokkaku06

みなさまもお地蔵さまに見習って、防寒対策をしっかりと^^

ぬくもりの 毛糸アイテム 風邪知らず

また一句詠んでしまいました(照)

歌つながりで余談ですが。

千葉県山武市が主催する短歌大会では、若干17歳の高校生が市長賞を受賞したとしてネットで話題をさらっています。

ゴリラの孤独を表現したというその受賞作品は、

その名も「ぼくゴリラ」。

ぼくゴリラ ウホホイウッホ ウホホホホ ウッホホウッホ ウホホホホーイ

世の中なにが受けるかわかりません。

しかし、読めば読むほど味わい深い!?

気がしてきました~。。

六角堂の向かいにあるのは、京刃物の老舗、金高刃物老舗。

華道の池坊家元も御用達のため、上質な花バサミなどがたくさんあります。

こちらは最高級品の一つ、青紙・穂長総磨き5寸5分

花鋏 青紙・穂長総磨き5寸5分

切れ味抜群!もちろんメンテナンスもしてくださいます。

六角堂はコチラ↓

ブログランキングです★
ぜひぜひ1ポチよろしくお願いします ~
↓↓↓↓↓↓
Banner_02_1

投稿者 老舗モール 時刻 17時18分 京の風景
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

赤レンガの中京郵便局

三条通りは秋冬が似合う。

風格漂う古めの建物が、寒空に映えます。

Nakagyo01

三条烏丸の中京郵便局も、ひときわ目立つ明治期の近代建築。

1871年の(明治4年)の郵便制度発足時に開設した、日本で最も歴史のある郵便局の一つです。

明治時代に作られたとなると、建物の老朽化も激しかったよう。

1974年(昭和49年)には、局舎の取り壊しが決定。

が、反対運動もあり、最終的には外壁を残したままで内部だけ新築するという手法、

すなわち

「外壁保存」

により、改築されました。

Nakagyo02

今でこそ頻繁に用いられるようになったこの「外壁保存」ですが、

中京郵便局が日本で最初の実施例

というからクールです。

そんな歴史があって、現代に古きよき匂いを残す建物が数多く残っているんですね~

Nakagyo03

建物の中では、当たり前ですが毎日、郵便業務が行われています。

天井も高くて、とっても開放的な郵便局。

単なる「切手くださーい」な用事でも、

ココにおつかい、となると妙に心踊るのは私だけでしょうか。

三条通りには他にも素敵な近代建築がたくさんあり、

窓が星型の旧毎日新聞京都支局

Mainichi02

日本生命の旧社屋

Nihon02

灯篭型公衆電話なんかもある、素敵な三条ストリート。

Tel01

今週末は東京の銀ブラ(銀座ブラブラ)に対抗して、

京の三ブラ(三条ブラブラ)

ってカンジでしゃれこんでみてはいかがでしょうか?

ブラブラ東へ歩いていくと、日本生命ビル旧社屋の向かいあたりにはかわいらしい外観のハチミツの専門店、ミール・ミィさんがあります。

Dbimage

種類の豊富さに驚愕!でもぜーんぶハチミツ。

上は国産限定ハチミツのセット。

中京郵便局はコチラ↓

ブログランキングです★
ぜひぜひ1ポチよろしくお願いします ~
↓↓↓↓↓↓
Banner_02_1

投稿者 老舗モール 時刻 15時32分 京のおでかけ
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

天満宮で書初め!

今年は丑年!

ということで、牛の像がいっぱいの北野天満宮は例年に増して大賑わい。

拝殿の傍らにはお酒がたくさんお供えしてありました。

Kakizome01

北野天満宮は通称「天神さん」と呼ばれ、巷の人々に愛されています。

私も徒歩圏内なので、2日にフラリとお参りへ。

Kakizome02

ガヤガヤガヤガヤ、、、

拝殿に行き着くまで、たいへんだーsweat01

とまぁ雰囲気を満喫していましたが、あるものに目がとまり、私は一気に燃え上がったのだった。

Kakizome03

白い半紙に力強い筆文字がズラリと。

ニュースで見たことのある「天満書」だー!

これは、書道の神として崇敬されている菅原道真を偲ぶ儀式。

書道の上達を祈願して、天神さんで一般市民が書初めを行うのです。

天神さまの神前で書初めを行うことを「天満書」と呼ぶようです。

思えば毛筆(特に大筆)なんて久しく握っていない

筆ペンは年賀状で握ったけど。

うう~書きたい!

つーことで、現地で1000円の筆(黒い柄に金文字で「北野天満宮」と入ってオシャレ)

と、半紙一枚50円(これまた右上に「北野天満宮」と入った特別製)

を買い求め、凍てつく屋外で書初め開始!

Kakizome04

えーっと。

私はなにを書こうとしているのでしょうか?

墨がボターっと入ったり、慣れない筆の扱いに四苦八苦。

しかし硬筆にはないダイナミックさと味わいを感じました。

やー気持ちよかった。

隣の見知らぬ少年は、私より難しい漢字を書いていた。

会場には100以上の書道席、空きを待つ人、そして見物客などで大賑わい。

人の熱気と書初めの興奮で寒さは感じない~

というわけで

Kakizome05_2

なんだか我ながらサマになった仕上がり。。?

ガッツリ書いた後でなんですが

言葉の意味に今さらちょっと気恥ずかしくなったり。

いい言葉です。

この書初めは200円を納めると北野天満宮の絵馬所に一月下旬から展示してもらうことが可能。

そのうえ、出品作品は審査のうえ金賞や北野天満宮賞などの賞が授けられます。

が、私はなんでも家に持って帰りたいので、丸めてお持ち帰りしました。

(おみくじも木にくくらずいつも持って帰る)

あ、そうそうおみくじも引きました(またか!)

Kakizome06_2

吉なり~★

梅の紋がかわいいおみくじでした。

これならたいそう迫力のある書が書けるでしょう。

全長105cm!!

ほうきみた~い

長谷川繪雅堂の「天尾筆」

Kakizome07

「天神さん」はコチラ!

ブログランキングです★
ぜひぜひ1ポチよろしくお願いします ~
↓↓↓↓↓↓
Banner_02_1

投稿者 老舗モール 時刻 10時56分 京の神社
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

七つの鳥居詣後半★

七つの鳥居初詣後半。

どうぞお付き合いくださいませね★

4つめに行ったのは水火天満宮(すいか天満宮)。

Hatu01

不思議な名石がいっぱいの神社です!

水火天満宮の名石はこんなにスゴイ!過去記事はコチラ

新年に祈祷行事も行われていました。

Hatu02

屋根はあってもここは屋外!

寒そうです~

さて水火天満宮でもおみくじを引きましょう。

Hatu03

おっと 吉。

よし。

よしよし。

第7番てのもいいですよね。ラッキーそうです。

さて5つ目の神社へ急ぎます~

次は、御所東にある梨木神社(なしのきじんじゃ)。

Hatu04

明治18年に建てられ、京都三名水のひとつである染井で知られています。

ここは毎年お正月には羽子板と羽根が置いてあり、

Hatu05

この羽子板もまた小さいときからずーっと一緒。

年季入ってます!

懐かしいからちょっとやってみたけど、てんでヘッピリでした。

腰ひねりすぎて、腰痛が再発するかと思ったよ。。

そしてそして、梨木神社のおみくじはたいそう風雅な「和歌おみくじ」!

Hatu06

見たあとは本のしおりにもなるというスグレモノ。

さて結果は~

Hatu08

下の中央に小さく見えますか?

小吉!しょうきち!こきち?

なんとも複雑な吉でございます。

梨木神社も人が多くなく、自然が多くて神秘的な神社です。

6つめは、毎年必ず訪れる岡崎神社。

Hatu09

ここも奥にドドーンと大きくて、神様が息づいてる雰囲気を感じる神社。

そして、お正月は巫女さんからお神酒がふるまわれます~

岡崎神社は、「うさぎ神社」としても有名!

Hatu11

提灯やお守り、いたるところにウサギが!

岡崎神社の付近一帯が野うさぎの生息地であったことから、うさぎが氏神様の神の使いとして信仰されていたそうな。

ネズミ年は狛犬ならぬ狛鼠のいる大豊神社、今年の丑年は丑がいっぱいの北野天満宮が大賑わいだったそうですが、再来年の卯年は岡崎神社、めちゃくちゃ混むでしょうねー!

お神酒を頂き、お約束のおみくじをば。 

Hatu10

吉!

う~ん。

まだ一回も凶は出てないわね。

凶って、出るときにはすごい出るんですよ。

私は数年前の七つの鳥居初詣で、凶を三つも引いたことが。。

七分の三が凶ってつらいです。

そしてその年はほんとに悪かったな~いろいろ。

なのでこのおみくじ、べらぼーに見境いなく引いているように見えますが、打数を上げて結果の精度を高める、という理由のもとにはアリかしら、、と。

そして最後、七つ目の神社は、須賀神社。

Hatu12

縁結びと、交通安全の神社です!

仕事も恋愛も、交通事故に遭ってしまっては成り立ちませんから!

安全第一!

ということで、ここもほぼ毎年行ってます。

さて、最後のおみくじはー!!

Hatu13

わーいわーいだいきち!!!

最後にしてやりました。

というわけで、今年も無事おまいりを済ませ、健やかに一年を歩めるよう祈願してきました。

風邪がとっても流行ってますが、健康第一!

まだまだお正月ムードは抜けきらないですが、元気でやっていきましょー^^

開運のお茶、あります。

松田桃香園の、吉運大福茶と上煎茶のセット

招福セット 吉運大福茶・上煎茶

6つめに訪れた岡崎神社はコチラ!

ブログランキングです★
ぜひぜひ1ポチよろしくお願いします ~
↓↓↓↓↓↓
Banner_02_1

投稿者 老舗モール 時刻 16時11分 京の神社
| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

2009初詣3/7

遅ればせながら新年あけましておめでとうございます★

2009年は丑年。

ハッピー モ~ イヤー ということで、皆様今年もどうぞよろしくお願いいたします♪

今日が仕事はじめ、という方も多いのではないかと思います。

私なんてもう

七時に起きる方法を忘れてしまったわ、、と、

昨夜は起きれるか不安でドキドキしながら眠りにつきました。

が、人間とは習慣が染み付いているもので、きちんと起きれるもんですね~

多少フライング気味で6時起床。

無事八時半頃出社し、こうして平和にブログを書いてます。

ありがたや。

さて、お正月は七つの鳥居に初詣に行ってきました。

生まれてからずーっとこの習慣があるので、元旦に七つの鳥居を回る、と知り合いに言うと

えー!

やら

しんどそう。

やら、

なんで、、?

やら、

複雑なコメントをたくさん頂きます。

結構楽しいんですけどね。

というわけで、今年の一つめは安楽寺天満宮(あんらくじてんまんぐう)。

Hatumo01

菅原道真の死後に従者が大宰府から帰京して、道真の霊を祀り、安楽寺天満宮と称したのがはじまりです。

上京区の細い通り沿いにあり、新年といえども大変ひっそりとしたムード。

Hatumo02

拝所の前には旧式の鏡餅。

そう、鏡餅は本来このようにペトーと平べったいものだったのです。

今の雪だるま状のものとはちょっと違いますね。

鏡餅という名前自体が、丸く平らな鏡の形に似ていることからだそうな。

このフォルムも見慣れないけど由来を聞いて納得。

さて二つ目の神社へ急ぎます。

二つ目は、六請神社(ろくしょうじんじゃ)。

Hatumo03

観光名所として知られる等持院のすぐ東にあるこの神社。

伊勢、石清水、賀茂、松尾、稻荷、春日の六大神を祭神としています。

ここもひっそりと情緒のある神社です。

拝所の奥には、

Hatumo04

自然光に輝くお供えが。

Hatumo05

と、ここまで不覚にも私、おみくじを引くのをすっかり忘れていました。

例年ならば7つの神社全部で引く(←どーなんだろう、、)のですが。。

気をとりなおして三つ目へ向かいます。

北区にある、わら天神宮。

Hatumo06

ここはほぼ毎年訪れている神社です。

参拝客も程よく多く、

安産の神様なんだけど、あやからないといけないのはまだまだ先だな~

ここではバッチリ引いたおみくじ。

Hatumo07

中吉でした~

なかなか幸先のよいスタートなのではないでしょうか。

前半三つはここまで!

今年は天気が思わしくなく、横なぐりの小雨舞う中の初詣となりました。

毎年元旦はアッパレ日本晴れ~ってのが多いんですけどねー

後半はまた明日に~

風邪がはやっています!

生姜成分で身体を温めて~

平井常榮堂薬房の、辛みの強い、金時生姜粉末

金時生姜粉末 30g

今年二番目に訪れた六請神社はコチラ↓

投稿者 老舗モール 時刻 15時51分 京の神社
| | コメント (0) | トラックバック (0)