« ふらり永観堂 | トップページ | 詩仙堂に光射し込む »

2008年11月21日 (金)

小鳥と最勝院

南禅寺界隈にて、ツンとおすましした小鳥を発見

Tori01_2

銀色でかわいーなー

ヒキで見てみると!

Tori02

車両止めでした~

思わず足を止めてしまう心憎いしかけ。

町の無機質なアイテムにちょっぴりアクセントを加えてあるのって大好き。

散歩するのが楽しくなるじゃないですか~

現在の南禅寺の紅葉は、最高潮に赤いものもあれば、

こんなかんじでジワジワーっと色づいているものも。

こちらは南禅寺の塔頭、最勝院のもみじ。

Tori03

そもそもモミジという名前は

秋口の霜や時雨の冷たさに揉み出されるようにして色づき始めることから

「揉み出づ」→「もみづ」→「もみじ」→「紅葉」

と転訛したとする説が有力だそうです。

この写真のもみじなんて、まさに赤が揉みだされたような色づき方。

最勝院には「縁結びの松」がありました。

松がぐにゃ~と曲がって、隣にある百日紅の木とくっついている!

てのが、「縁結び」の由縁です。

Tori04

真横に伸びる松。

Tori06

ここはなんだかしっとりとした雰囲気のあるところで、南禅寺内にある割には人も少なし。

Tori05

寒い気温の中、お供えされたろうそくの灯りが幻想的でした。

Tori07

この三連休も、紅葉観光で賑わいそうな京都です^^

こちらの人気もスゴイことでしょう。

清水の舞台を舞台にした(?)版画です。

ハッとする斬新な構成がすばらしい。

版元 芸艸堂さんの、加藤晃秀作木版画「紅葉舞台」 

最勝院はコチラ↓

ブログランキングです★
ぜひぜひ1ポチよろしくお願いします ~
↓↓↓↓↓↓
Banner_02_1

投稿者 老舗モール 時刻 10時11分 京の寺
|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137805/43179702

この記事へのトラックバック一覧です: 小鳥と最勝院:

コメント

南禅寺の車止めのすずめはよいですね。ほのぼのとします。
しばらく京都には行く機会がありませんが、行きたくなりました。

投稿: 板橋正志 | 2010/05/30 23:22:50

コメントを書く