« 師走の京都、まだ紅葉美しく。【京都便利堂】 | トップページ | 冬の夜空【京都便利堂】 »

2009年12月 9日 (水)

年賀状のマナー2【京都便利堂】

ありがとうございます。
京都便利堂でございます。

Nengahagaki

先日、年賀状のマナーとして「賀詞」についてお届けしましたが、
今回はその続編です。

2枚の年賀状が届きましたpostoffice

1枚目は、
『謹賀新年』と書かれた年賀はがきに、手書きのメッセージで『あけましておめでとうございます!』という言葉が書き添えられていました。

2枚目は、
『あけまして、おめでとうございます。』という賀詞が書かれていました。

このふたつ、どちらも間違いですcoldsweats02
さて、どこが間違いでしょう?

今回もおわかりになる方は、ここから下はご覧にならなくても問題ないかと思いますhappy01
なんのこと?とご不明なことがおありの方は、今後のためにも是非ご一読くださいませwink

それではご説明いたしましょう。

1枚目は、
「『謹賀新年』と書かれた年賀はがきに、手書きのメッセージで『あけましておめでとうございます!』という言葉が書き添えられていました。」

これの間違いは、【賀詞が重複している】です。

『謹賀新年』も『あけましておめでとうございます!』も賀詞です。
これを重複させるのはマナー違反となるのですcoldsweats02
賀詞を書いた時、添え書きは『今年もよろしくお願いします。』など、賀詞ではない言葉をhappy01

他にも『一月一日元旦』などという表現も重複表現となりますので、ご注意なさって下さいね。

では2枚目です。
「『あけまして、おめでとうございます。』という賀詞が書かれていました。」

これの間違いは?

【賀詞に句読点がついている】のが間違いです。

『あけまして、おめでとうございます。』となっていますよね。
これもマナー違反となるのですcoldsweats02
賞状など、儀礼的な文書では句読点を使わないというのが慣例となっています。
賀詞を書くときは句読点はナシで『あけましておめでとうございます』となさってくださいねhappy01

この他にもいわゆる忌み言葉(失うとか病とか)は使わないようになさって下さいね。
お正月早々、悪いイメージのあるそんな言葉は誰も見たくないですよね。
それは誰しも同じですからhappy01

言葉には霊が宿っているそうで、それを言霊というそうですが、
人に投げかけた言葉は、そのまま自分に返ってくるのだとか。
幸せいっぱいの素敵な言葉を先方にお届け下さい
loveletter
きっと素敵な言葉が返ってくると思いますよhappy01

いずれもちょっとしたことですが、気をつけて下さいね。
素敵な新年のご挨拶になりますようにsign03

賀詞についてご不明の方は、→コチラから前回の記事をご覧下さいませsign01

また、品切れになっておりました年賀はがき「虎図襖」、昨日再販売を開始しましたsign01
年賀はがきは売り切れになった時点で販売終了となります。
お気に入りのはがきはお早めにsign01

ランキングバナー

ブログランキングに参加しています!是非1クリックをよろしくお願いします

投稿者 京都 便利堂 時刻 15時33分 日記・コラム・つぶやき
|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137805/46966725

この記事へのトラックバック一覧です: 年賀状のマナー2【京都便利堂】:

コメント

コメントを書く