« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月31日 (金)

(第1回)美術館・博物館へ行ってみよう!千葉編☆【京都便利堂】

ありがとうございます。
京都便利堂でございます。

祇園祭が終わると、夏休みyacht
明日からは8月ですhappy01
学生さん、社会人など立場で日数やら時期やらが違ったりしますが、
ウキウキするのは違いないような気がします。

皆さん、夏休みの計画はもう立てられましたか?
今年はいつもと違うことがしたいsign03
そんな風に思っておられる方もいらっしゃるかもしれませんね。

それでは京都便利堂からは、「美術館・博物館めぐり」をご提案したいと思いますsign01

でも、京都はちょっと遠くて行けないし。。
もしくは、
旅に出るから京都にはいないし。。

そんな皆様sign01ご心配なくsign01
美術館・博物館は、日本全国津々浦々、たくさんありますよhappy01
京都便利堂直営や常設のミュージアムショップが入っている所だけでも、8館ございます。
南は九州・福岡から岡山、京都、東京、そして千葉。

今回は、そのうちの千葉市美術館をご紹介したいと思います。

東京駅から総武快速線で千葉駅まで、およそ1時間。
そこから徒歩で10数分の所に千葉市中央区役所があります。

美術館じゃなくて、区役所?

そうなんです。
千葉市美術館は、千葉市中央区役所と同じ建物の中にあるのですsign01
1階から5階までが区役所で、その上の7階・8階が美術館の展示室となっています。
ミュージアムショップは7階にございます。
1

そして、もひとつ変わっている点があります。

それは
sign01
常設展示ではないこと。

お客様にもたびたび尋ねられるのですが、常設展示はございません。
年に数回テーマを設定し、テーマに沿った所蔵作品展をしています。

ですので、ご来場の度に違う作品と出会えたりします。
もし、前回ご覧いただいた時と同じ作品があっても、実は久々の展示だったりすることもございます。

なぜ常設展示ではないかと言うと、

この美術館の所蔵品は、

照明に長時間あたると退色してしまう浮世絵や、一室の空間をたっぷり使った現代美術の作品が中心だからです。

展示はされていなくても、所蔵品は細かく分類すると1万点にもなります。
この中から再びご覧いただけたとしたら、かなりご縁のある作品なのか
もしれませんね
sign01

いつでも観れる常設展示はございませんが、
以前ご覧になって気になる作品がおありの方は是非ミュージアムショップへ
sign01
美術館の所蔵作品を絵はがきにして販売していますよ。
その数は100種類ほどで、館蔵品の全貌を知るにはまだまだですが、
代表的な作品を網羅しております。

はがき↓

Postcard

↓ミニクリアファイル

Miniclearfile

↓クリアファイル

Clearfile

現在は「タイの美しい布」という企画展と、所蔵展は2本立てで、
房総の作家「石井光楓」と、千葉市内の「中学生が選んだ所蔵作品展」
を、開催しています。

8月9日(日)までの展示となっています。

ミュージアムショップではこれに関連して、会期限定にてタイの布製品を中心に取り扱っています。
カバンやスカートなど殆どが1点ものの商品です。

2

そして、この展覧会が終了しますと、千葉市美術館は改修工事のため、
来年2月まで半年ほど展覧会をお休みします。

でも、その間は何も見られないわけではなく、
1階にある「さや堂ホール」という昭和2年に作られ保存されているホールの中で
所蔵作品を展示しまして、ミュージアムショップもその一角にちょっぴり構えます。

スペースが小さくなりますので、普段取り扱っている便利堂商品などは
8月9日までにお買い求めくださった方が選び甲斐があるかと思いますよ。

3

是非お越しくださいませsign01

ランキングバナー

ブログランキングに参加しています!是非1クリックをよろしくお願いします

投稿者 京都 便利堂 時刻 16時44分 文化・芸術
| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月29日 (水)

幕末!新商品のご案内☆【京都便利堂】

ありがとうございます。
京都便利堂でございます。

さて、今日は幕末ファン・龍馬ファンの皆様にお知らせしたいことがsign01

来月、8月3日(月)、京都便利堂老舗モール店にて幕末関連の新商品を発売いたします。

商品は2点。

クリアファイルとポストカードセットですsign01
どんなものかと言いますと・・・

百聞は一見にしかずと申しますから、どうぞ写真をご覧下さいませhappy01

Bandukeclearfile

up幕末維新番付クリアファイル

階級問わず、日本の将来を見つめた志士が時代を動かした時代、幕末に活躍した志士達を番付にしたら…。
そんな構想を元に作らせていただきましたhappy01
東を幕府方で活躍した志士、西を倒幕思想で活躍した志士を中心に構成しています。

お気に入りの志士がどこにいるか探すのも楽しいですねnotes
ちなみにこちらの番付につきましては、あくまでも便利堂の見解でございますのでご了承くださいませ。

そして、坂本龍馬ファンにはコチラsign01

Sakamotoryoma

up坂本龍馬はがきセット

坂本龍馬が暗殺された近江屋にあった、書画貼交屏風・血染懸軸をはじめ、
龍馬愛用の三徳・海獣葡萄鏡・紋服、新婚旅行の手紙など、
京都国立博物館所蔵の貴重な文化財をモチーフにして作られたポストカードセット。

他の店舗ではすでに販売していたのですが、
この度京都便利堂老舗モール店にもお目見えすることになりましたsign03

来週の月曜日、新発売となりますので、皆様今しばらくお待ち下さいませ。
京都便利堂老舗モール店のトップページも、こちらの商品に合わせて更新します。

どうぞお楽しみにsign03

ランキングバナー

ブログランキングに参加しています!是非1クリックをよろしくお願いします

投稿者 京都 便利堂 時刻 16時16分 趣味
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

部分日食in京都【京都便利堂】

ありがとうございます。
京都便利堂でございます。

さて、本日2009年7月22日、日食が起こりました。
奄美方面では、日本では46年ぶりの「皆既日食」が起こりました。
また日本全国でも「部分日食」を観測することができました。

京都では9時47分から部分日食がはじまり、12時25分くらいに終わりました。
一番大部分で日食を見られたのが11時5分頃。

天候は残念ながらくもり。
けれど、雲間から日食の太陽を見ることができましたよ。

Nissyokuinkyoto

電線の間に三日月みたいな太陽がsign01
食の最大、太陽のおよそ8割が隠される11時5分頃、太陽が雲間から顔をのぞかせましたsign01
その時撮れた写真がこちらです。
コンパクトデジタルカメラで撮ったので、ちょっと見にくいですかね?
場所は京都市上京区のあたりです。

写真には撮れなかったのですが、9時47分頃、雲間から太陽がちょいちょい顔を出していました。
日食めがねを通して見ると、太陽の右上が欠けているsign01
皆既月食は見たことがあったのですが、日食を見たことがなかったので、大変驚きましたsign01
そこからはcloud雲がかかって見えたり見えなくなったりしていました。

そうそう。気になったのは、
この日食の間、突然セミがなきやみ、日食が終わると突然なきだしました。
それから、食最大に進むにつれ、気温が下がって涼しくなり、外も暗くなっていましたよ。

sun太陽の熱ってすごいんですね。

正確な時間はちょっと不明なんですが、だいたい11時10分頃、
弊社のカメラマンが撮影した写真がございましたのでご紹介します
sign03
場所は京都市中京区です。

1_2

2

3

4

日食というのは、太陽と地球の間を月が横切るため、太陽が月に隠される現象です。
このうち、太陽が月に完全に隠されることを「皆既日食」、
太陽の一部分を月が隠すことを「部分日食」、
月の周りから太陽がはみだして見えることを「金環日食」と呼びます。

今回の日食がご覧になれなかった方、大丈夫ですsign01
食の幅は今回のように大きくありませんが、「部分日食」ならわりとたくさん起こっていたりします。
京都では一番直近ですと2010年の1月15日にあります。
そして2012年の5月21日には「金環日食」がご覧になれますsign03
東京や大阪などの都市部やその他多くの地域でご覧になれるようですから、
一度調べてみて下さいsign03

ランキングバナー

ブログランキングに参加しています!是非1クリックをよろしくお願いします

投稿者 京都 便利堂 時刻 18時18分 旅行・地域
| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

山鉾巡行の気になること【京都便利堂】

ありがとうございます。
京都便利堂でございます。

今日は祇園祭の宵山。
いよいよ明日は山鉾巡行ですsign01
山鉾の搭乗やちまきなどの授与は今宵までです。

さて、今日はその山鉾巡行のことについてです。
昨年、見学に行ったのですが、はじまる前から気になっていることがありました。

山鉾が通るとき、信号にぶつからないのだろうか?

先日からご紹介している写真をご覧いただいてもわかると思うのですが、
山鉾はかなり大きい物です。
1naginata
長刀鉾など真木の立っている鉾は、地上から約25メートルもあるのです。
写真をご覧いただいてもわかるように、信号機の高さなんて軽く越えています。
でもそれが通りに出っ張っているのです。
どうやって通るのだろう?

答えは昨年の山鉾巡行で見て参りましたsign03


最後の辻廻しを行う新町通。
ここは、山鉾が一基通れる位の細い通りです。

2

山鉾が巡航してくる前に、なにやら作業が行われています。

3

sign01もしかしてsign01

4

信号機が折りたたまれましたsign03

5

こんな感じになって山鉾が巡行してくるのを待ちます。

6

祇園祭、山鉾巡行の時は信号機が折りたたまれるsign01
年に一回だけ行われる、珍しい風景です。

さて、明日、山鉾巡行を見学される予定の皆様へ、ちょっとしたお話しをhappy01

山鉾巡行の見所である辻廻し。
四条河原町・河原町御池・新町御池の3箇所で行われますが、
このうち、新町御池は他の2箇所よりもすいています。

それから、ほかの所と違うことが2点。
ここでは、山鉾の辻廻しの順番が変わります。
後祭り1番で巡行していた北観音山が、辻廻しを一番最後に行います。

そして、もうひとつは、ここでお囃子が変わりますsign01
どうも河原町通りから変えられているようなのですが、ここではテンポの速いものに変わっている模様です
note

いつもと違う山鉾巡行をご覧になりたい方には新町御池をオススメしますsign01

新町御池でご覧になる場合は、御池通の南側をオススメします。
北側でもかなり見応えがあり、辻廻しを目の前で見ることができたりするのですが、
こちら側は、お天気がいいと日陰ができないのでめちゃくちゃ暑いですwobbly
日傘は後ろの方のご迷惑になりますので、帽子必須です。
全基を見ようと思うとけっこうな時間になるので、日焼け対策もしっかりされた方がいいと思いますよ。
地面のアスファルトからの熱気もすごいので、冷たい飲み物はご用意された方がよいかと思います。

楽しい山鉾巡行見物になりますよーにsign03

ランキングバナー

ブログランキングに参加しています!是非1クリックをよろしくお願いします

投稿者 京都 便利堂 時刻 15時51分 文化・芸術
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

宵々々山!祇園祭!【京都便利堂】

ありがとうございます。
京都便利堂でございます。

本日も祇園祭の様子をお伝えしますsign01
今日で全ての山鉾が立ち並びました。

昨日はまだなかった山鉾を中心にお知らせします。

1hachimanyama
up便利堂本社からも見ることができる八幡山
新町三条あたりにございます。

2doukake
こちらの山は、山のすぐ横にある路地の中で胴掛けなどを飾っておられます。
リアルな鳩の絵がありました。

3hatosuzu
その路地で授与品を販売されていたのですが、こんなに可愛い鳩の鈴がheart04
あまりに可愛いので2体購入してしまいました。
祇園祭定番のちまきや、鳩の形の笛なんかも販売されていましたよ。



そこからちょっと曲がって西洞院通りを南下していると、ちょうちんがsign03

4tourouyama


こちらはかまきりのからくりがある蟷螂山。

まだ山建ての途中でした。
5tourouyamadate


そこから四条通に出ると、ちょっと変わった鉾をお持ちの四条傘鉾。
6shijyoukasaboko

傘型の鉾が置いてありました。
7shijyoukasabokonohoko

山建て途中の郭巨山。
8kakkyoyama

こちらはもう建っていた伯牙山。
9hakugayama

こちらは綾傘鉾。
10ayagasaboko

四条傘鉾と同じ傘の形の鉾です。
11ayagasabokobohoko


勇壮な函谷鉾。

こちらは女性も登ることができます。
12kanko

山建て途中の孟宗山。
13mousouyama


新風館の前あたりには鈴鹿山が。
14suzukayama

さぁ、今宵はいよいよ宵々々山です。
四条烏丸など大きい通も、車輌は通行止めになって歩行者天国になります。
浴衣に着替えて出かけなくてはsign03

それぞれの山鉾のご利益はこちらをご覧ください。

ランキングバナー

ブログランキングに参加しています!是非1クリックをよろしくお願いします

投稿者 京都 便利堂 時刻 18時50分 文化・芸術
| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

2009年7月13日、祇園祭【京都便利堂】

ありがとうございます。
京都便利堂でございます。

今日は晴天sign01快晴sun
でしたが、さすがは祇園祭中。
さっき夕立が降った京都ですrain

さて、今日7月13日は、そこかしこで山や鉾がたくさん建つ日です。
山鉾の建つ町内は、もうすでにたくさんの人が見物にいらっしゃってましたよ。
camerashineいくつか写真を撮ってきましたので、どうぞご覧くださいませ。

1kitaminamikanon_2
まずは北観音山・南観音山。
手前が北観音山です。
ちょうど曳き初めの時間だったようで、コンチキチンの鐘と共に勇壮に動いていましたsign01

2kikusi_2
こちらは菊水鉾。

3kikusuisyarin
鉾を支える大きな車輪には、菊の文様。

4kikusuiyane
上を見上げるとこんな感じ。
屋根の裏側まで装飾してあるんですね。

5niwatori_2
州浜が目印sign01
鶏鉾。
ちょっと逆光っぽい写真になってしまいました。
すみません。。

6housyouyamatate
去年もご紹介した保昌山。
さすがは縁結びの御利益があるので、もうすでにたくさんの人がお守りを授かりにいらっしゃってましたよ。
保存会の建物を見上げると、保昌さんのお顔が見えます。

地図を見ると、この山だけ少し離れています。
本当は周りにいくつもあったそうなんですが、大火などでなくなったんだそうです。
このお山だけ、火事の中持ち出されて助かったそうです。
おうちも燃えているだろう中、スゴイですね。

7naginatakankotsukihoko
さて、四条通に出ると、くじ取らずの1番で巡航する鉾、長刀鉾。
向こうの方にちいさく見えているのは、函谷鉾と月鉾です。

8naginata
長刀鉾は、名前の通り、こんな風に長刀がついています。
刃先が絶対八坂神社の方に向かないようになっているのだそうです。

9bus
長刀鉾は四条烏丸に建ちます。
交通量もかなり多い通り。
横は普通に車道なので、車が走っています。
こんな風に京都市バスも走るんです。

バスの中から窓越しに鉾を見ることができるんですが、
歩道より少し高いので、ちょっと違った見方ができるかもしれませんね。

さて、そこから京都便利堂富小路店に向かいました。
こちらでは、山鉾が描かれた一筆箋などを販売しております。
10tominokouji

14日から山鉾巡行の17日まで、浴衣姿でお迎えいたしております。
どうぞお祭のあいまに涼みにお越しくださいませsign01

それぞれの山鉾のご利益はこちらをご覧ください。

ランキングバナー

ブログランキングに参加しています!是非1クリックをよろしくお願いします

投稿者 京都 便利堂 時刻 19時31分 文化・芸術
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

絵の中の祇園祭【京都便利堂】

ありがとうございます。
京都便利堂でございます。

四条河原町のアーケードには、八坂神社の紋がついたちょうちんがたく
さんぶら下がっていました。
あのあたりは八坂神社の氏子さんになるそうで、お祭一色!
今年は宵々々山から山鉾巡行がカレンダーの休日にかぶらないので、
京都以外の方は、ちょっとご覧になりにくいかもしれませんね。
残念です。。

去年の山鉾巡行の様子を、こちらに書かせて頂いております。
よろしければご覧くださいませ。

そして、京都便利堂には、
去年以前の祇園祭の様子が見られるものがあります。


いつのもの?

400年くらい前のものsign01


江戸時代の初め頃、作られたものだそうです。
徳川家康の時代ですね。

「重文 洛中洛外図屏風(舟木本)」 
(じゅうぶん らくちゅうらくがいずびょうぶ(ふなきぼん))

それでは、ご覧いただきましょう。
400年くらい前の祇園祭ですsign01


Rakuchurakugaizu

拡大すると、
1はおみこしが、

1

2は、行列。

2

3には仮装行列がsign03

3


にぎやかですね。
当時はこんな風に仮装行列や、武者行列があったそうです。


こちらの舟木本の洛中洛外図はこのような感じですが、
狩野永徳が描いた上杉本には、今と変わらない姿の山鉾が描かれていま
す。

以前、京都国立博物館の展覧会で見たのですが、ちょっとおどろきまし
た。


京都便利堂富小路店文化博物館の京都便利堂ミュージアムショップ
は、また別の洛中洛外図から、
祇園祭の山鉾を取りだしてデザインした、はがきと一筆箋がございます。


この2つの店舗は、祇園祭の山のひとつ鈴鹿山から徒歩圏内にございますので、お祭のついでにどうぞお立ち寄りくださいませhappy01
ほかの山鉾も、そこそこ健脚であれば歩いていける距離だと思います。


それにしても洛中洛外図は、様々な時代に色んな人の手によって描かれ
ているんですね。
見比べて、京都の街の移り変わりを見ても楽しいかもしれませんねsign01

ランキングバナー

ブログランキングに参加しています!是非1クリックをよろしくお願いします

投稿者 京都 便利堂 時刻 15時33分 旅行・地域
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

国宝・怖い絵【京都便利堂】

ありがとうございます。
京都便利堂でございます。

最近本屋さんでよく見かける「怖い絵」という本book
西洋の絵画の怖い絵がたくさん紹介されています。
1冊読んでみましたが、あらゆる意味で怖かったりして、なかなか興味深いものでした。

これを読みながら、思い出した作品がありました。
日本版の怖い絵とでも申しましょうか。
しかも国宝です。。

今日はその作品を皆様にご紹介したいと思います。

「国宝 慧可断臂図(こくほう えかだんぴず)」
画聖、雪舟の作です。
日本一国宝指定が多い画家です。

まずは画像をご覧ください。

Ekadanpizu

up
後ろ向きに白いゆったりした衣服の男性が座っており、
手前には僧侶のような袈裟を着た男性が立っています。

後ろ向きに座っているのが達磨大師(だるまたいし)、
手前にいる僧侶が慧可(えか)というお坊さんです。

慧可は、達磨に弟子入りを志願していましたが、達磨はそれをなかなか認めようとはしません。
そこで慧可は、その決意を達磨に見せようとしました。

その場面を描いた作品です。

…う〜ん。どこが怖い絵なの?

そうですよね。
そう思いますよね。
私も最初見たときは、特に何も思いませんでした。

それではご説明いたします。

慧可の左手をご覧ください。
達磨に差し出していますよね。

その左手の付け根をよーくご覧ください。
この画像ではちょっと見にくいのですが、左手の付け根に赤い筋が描かれています。

なんでこんな所に赤い筋がsign02
まさかsign03

そうなんですsign03
赤い筋は血。。

慧可は、弟子入りの決意を表明するために、左手を切断してしまったのです
sign03

この左手は、慧可の切断された手なのです。

だから、
「慧可断臂図(えかだんぴず)」→慧可がひじを断った絵
というタイトルなのです。。

それにしても、その左手は、切断されているというのにあまり痛そうな感じがしません。
まるでそんなたいしたことをしたような感じではなく、むしろ綺麗な所作を感じます。
だから、まさか切れているとは思わないのですが。

そういう風に描いて、慧可の決意のすごさを表現したのでしょうか?

特に何事もなかったかのように見せながら、めちゃくちゃ怖sign03
逆に何事もなかったような雰囲気が怖いというか。。

たった一本の赤い筋によって、全てを物語っている絵。
そんな風に描くことができる雪舟は画聖と呼ばれ、
作品のうち6点も国宝指定になっているわけです。

京都便利堂老舗モール店ではこの作品を色紙に仕立てて販売しております。
以前、この商品ページを作るために、
レプリカではありますが、色紙の写真を撮影したのですが。。

間近で見て、けっこうゾーっとしました。。
写真より赤い筋がはっきり見えるので怖さ倍増でしたよ。。

日本の怖い絵、いかがでしたでしょうか?


ランキングバナー

ブログランキングに参加しています!是非1クリックをよろしくお願いします

投稿者 京都 便利堂 時刻 13時13分 文化・芸術
| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

扇子のヒミツ【京都便利堂】

ありがとうございます。
京都便利堂でございます。

7月になりましたねsign01
今日から1ヶ月の間、京都では祇園祭が行われます。
え?祇園祭って山鉾巡行だけじゃないの?
と思われた方、詳しいことを書いておりますので、コチラをご覧くださいsign03
→「祇園祭」

祇園祭が始まるとsign01
そうです。
京都はかなり蒸し暑くなりますwobblysweat01
そんな時、役に立つのが扇子。
ぱたぱたと扇ぐだけで涼しさを感じることもできますし、何よりコンパクトにたたむことができるから持ち運びに便利sign01

扇子はそのものが美術品となっているものもありますが、
形が美しいため、意匠としてつかわれていたり、屏風などに描かれているものもあります。
たとえば、こんな風に→一の谷合戦図屏風

では、屏風掛け軸巻物に引き続き今回も部分の名称をご紹介していきます。
画像をご覧ください。

Sensu

1は地紙(じがみ)
ここに絵が描かれたりしています。
素材は和紙や、シルク・麻などの布でできていることもあります。

2は要(かなめ)
肝心要と言われるのはここ。
この一箇所でとめているので、
ここがほどけると、扇子はばらばらに分解してしまいます。

3は親骨(おやぼね)、
4は中骨(なかぼね)
と呼びます。
檜など高級な香木が使ってある物は、扇ぐたびに香りが風にのっていい香りがしますconfidentshine

形も美しく、扇ぐたびに香りが風に乗って楽しめたり、ちいさく折りたたんで持ち歩けたりするなんて、扇子は用の美を追究したとも言えますね。
いわゆるアノニマスデザインでしょうか。

扇子は平安時代、日本で生まれました。
中国から伝来した団扇を折りたためるようにしたのだそうです。

また、様々な用途で使われることが多い扇子。
種類も様々にあり、呼び方も変わります。

普段涼をとるために使う物は季節を問わず「夏扇」
お茶の席で結界を作るために使われるのは「茶扇」
お能などで使われる物は「能扇」
舞踊で使われるのは「舞扇」
祝儀には「祝儀扇」
不祝儀には「不祝儀扇」

たくさんありますね。
さすが日本生まれだけありますhappy01

扇子と言えば、琳派の祖・俵屋宗達sign01

国宝風神雷神図屏風の作者ですが、あの屏風は、扇面に置き換えても美しい構図を取ることが有名です。
俵屋宗達は、元々は扇子に絵を描いていた町絵師だったそうです。

京都便利堂では、その宗達が描いた風神雷神図屏風を扇子にいたしました。
贅沢な7色刷りで、涼しげな印象を醸しています。

ランキングバナー

ブログランキングに参加しています!是非1クリックをよろしくお願いします

投稿者 京都 便利堂 時刻 16時16分 文化・芸術
| | コメント (2) | トラックバック (0)