« 山鉾巡行の気になること【京都便利堂】 | トップページ | 幕末!新商品のご案内☆【京都便利堂】 »

2009年7月22日 (水)

部分日食in京都【京都便利堂】

ありがとうございます。
京都便利堂でございます。

さて、本日2009年7月22日、日食が起こりました。
奄美方面では、日本では46年ぶりの「皆既日食」が起こりました。
また日本全国でも「部分日食」を観測することができました。

京都では9時47分から部分日食がはじまり、12時25分くらいに終わりました。
一番大部分で日食を見られたのが11時5分頃。

天候は残念ながらくもり。
けれど、雲間から日食の太陽を見ることができましたよ。

Nissyokuinkyoto

電線の間に三日月みたいな太陽がsign01
食の最大、太陽のおよそ8割が隠される11時5分頃、太陽が雲間から顔をのぞかせましたsign01
その時撮れた写真がこちらです。
コンパクトデジタルカメラで撮ったので、ちょっと見にくいですかね?
場所は京都市上京区のあたりです。

写真には撮れなかったのですが、9時47分頃、雲間から太陽がちょいちょい顔を出していました。
日食めがねを通して見ると、太陽の右上が欠けているsign01
皆既月食は見たことがあったのですが、日食を見たことがなかったので、大変驚きましたsign01
そこからはcloud雲がかかって見えたり見えなくなったりしていました。

そうそう。気になったのは、
この日食の間、突然セミがなきやみ、日食が終わると突然なきだしました。
それから、食最大に進むにつれ、気温が下がって涼しくなり、外も暗くなっていましたよ。

sun太陽の熱ってすごいんですね。

正確な時間はちょっと不明なんですが、だいたい11時10分頃、
弊社のカメラマンが撮影した写真がございましたのでご紹介します
sign03
場所は京都市中京区です。

1_2

2

3

4

日食というのは、太陽と地球の間を月が横切るため、太陽が月に隠される現象です。
このうち、太陽が月に完全に隠されることを「皆既日食」、
太陽の一部分を月が隠すことを「部分日食」、
月の周りから太陽がはみだして見えることを「金環日食」と呼びます。

今回の日食がご覧になれなかった方、大丈夫ですsign01
食の幅は今回のように大きくありませんが、「部分日食」ならわりとたくさん起こっていたりします。
京都では一番直近ですと2010年の1月15日にあります。
そして2012年の5月21日には「金環日食」がご覧になれますsign03
東京や大阪などの都市部やその他多くの地域でご覧になれるようですから、
一度調べてみて下さいsign03

ランキングバナー

ブログランキングに参加しています!是非1クリックをよろしくお願いします

投稿者 京都 便利堂 時刻 18時18分 旅行・地域
|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137805/45709249

この記事へのトラックバック一覧です: 部分日食in京都【京都便利堂】:

コメント

日食 僕も見ました。
始まりと最大を講義を抜け出してみました。
京都といっしょで晴れたり曇ったりを繰り返していましたが、一番いいところで晴れてくれたのでよかったです。
ただ日食シート的なものを忘れていて、直で太陽を見たため左目がしばらくちかちかしてました。

投稿: 孫 | 2009/07/23 3:28:00

孫様、コメントありがとうございますsign03

そちらでも日食はご覧になれましたかsign01
一番いいところで晴れてよかったですね。

肉眼でご覧になったんですかsign02
大丈夫ですか?
しばらくでちかちかするのおさまりました?

肉眼で見たときの超怖い事例が出ていたので、次回ご覧になるときは是非太陽グラスをsign01
なんでも、赤外線が網膜を焼くらしく危ないんだそうです。

講義を抜けてご覧になったんですねsmile
私もどうしても見たくて、午前中お休みをいただいて観測していましたsun
かけ始めを見たとき、けっこう感動しました。
次の日食も見ようと思いますsign03


投稿: 京都便利堂 | 2009/07/23 10:17:38

コメントを書く