« 屏風の数え方って?【京都便利堂】 | トップページ | 巻物の数え方って?【京都便利堂】 »

2009年6月24日 (水)

掛け軸の数え方は?【京都便利堂】

ありがとうございます。
京都便利堂でございます。

今日は前回の予告通り、掛け軸についてお送りいたします。


Soukaku

掛け軸は、巻いた状態と掛けた状態で数え方が違います。

clip巻いた状態は「1軸(いちじく)」
clip掛けた状態は「1幅(いっぷく)」
と呼びます。

こちらは屏風と違ってけっこうわかりやすい感じですねhappy01

掛け軸は、部分を呼ぶ名称に特徴があるのです。
京都便利堂老舗モール店にある掛け軸のページをご覧いただくと、仕様の所にいっぱい書かれているのをご覧いただけると思います。

clipたとえば、こんな風にclip
-----------------------------------------
本紙:麻紙
一文字・風帯:白地飛柄金襴
中廻:薄茶地華文遠州緞子
天地:白茶地七々子
軸先:象牙代用
-----------------------------------------

なんのこっちゃ?
そう思われる方もたくさんいらっしゃるかもしれません。
ご存じの方は復習がてらご覧くださいませhappy01

上から順にご説明しますね。

search写真を拡大して別ウインドウで横に並べてご覧いただいてもいいかもしれません。

Jikusou

1は「本紙(ほんし)」と言います。
絵が描かれている部分です。

2は「一文字(いちもんじ)」と言います。
これは、本紙の上下についている裂(キレ)のことです。
綺麗なものをつけて、お軸のアクセントにします。

3は「中廻し(ちゅうまわし)」と言います。
本紙と一文字の外側をくるりと取り巻いている部分です。

4は「天地(てんち)」もしくは「上下(じょうげ)」。
中廻しの上下に当たる部分です。

5は「風帯(ふうたい)」。
だいたい一文字とおなじ裂(キレ)が使われています。
先には糸で作られた房がついています。
これは露(つゆ)と呼ばれています。

6は「軸先(じくさき)」。
掛け物を巻くための木がつけられています。
だいたい杉の木が多いようですが、象牙や水晶なんていうものがつけられている場合もあります。

それぞれにこんな名前があるのですね。
本紙だけを見るのはもったいないsign01

表具の仕方にも様々な様式があります。
また、そこに使われている裂(キレ)の柄、色合いなど
作品とのバランスにより、表具次第で全体の雰囲気も大きく変わってきます。

どれも同じように思って、注意深く見た事がなかった方は
これを機会に、じっくり比べて見て下さいsign01
新たな発見がありそうな、深〜い世界です。

ランキングバナー

ブログランキングに参加しています!是非1クリックをよろしくお願いします

投稿者 京都 便利堂 時刻 13時13分 文化・芸術
|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137805/45421344

この記事へのトラックバック一覧です: 掛け軸の数え方は?【京都便利堂】:

コメント

拝啓、

日本美術史の先生、エティと申します。掛け軸の数え方を学ぶことは私の夢です。勉強させていただく専門者を御存知場合は上記のメールまで御連絡お願いいたします。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

エティ


投稿: エティ グラス ギシス | 2015/06/21 23:11:41

コメントを書く