« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月26日 (金)

巻物の数え方って?【京都便利堂】

ありがとうございます。
京都便利堂でございます。

前々回から屏風掛け軸と書いてきましたので、
今回は巻物のお話しです。

数え方は、これはご存じかもしれませんね。
1巻(かん)です。
book本と同じですね。

巻物と言えば、長い紙がぐるぐる巻き付いているものという感じですね。
すごく長いものですと10mを越すものもあるとか。

そんな長いもの、どうやって観賞するの?
まさか10mを一気に全部広げるの?

いえいえ。
全部を一気に広げるわけではありませんよ。

では、巻物はどうやって観賞するのでしょうか?

1

upまず、机の上に巻物を置き、
ひもで結ばれているのでそれをほどきますdown


2

3

4

そして、それをくるくると右手でまき取り、左手で巻かれている紙を広げていきます。

5

6



だいたい観賞している人の肩幅くらいでしょうかね?
この動作を何度も繰り返します。

7

8

9

こうやってに右から左へ展開させて、場面の移り変わりを楽しむのです。
最後までご覧になったら、また巻き直して、元の形状に戻します。

おわかりいただけましたでしょうか?

現在では日常的にご覧になることは少ないと思われる巻物ですが、
東洋では昔はこの巻物が一般的なメディアの形式でした。

世界最古の長編小説と呼ばれている「源氏物語」や、
マンガの原点と言われている「国宝鳥獣人物戯画」なども、この巻物の形態を取っています。

巻物は、紙を横につないであの長い形状を取っています。
ようは何枚かの紙を継いで、場面を長くしているのです。
ということはその部分をはずしてバラバラにしたり、場面の入れ替えを行うことができるわけです。
なので、何らかの理由で、後世の人が推測で変更している場合もあるのだそうです。

現存する物から切り離されたと思われる、断簡(だんかん:一部分)も存在しています。
現在ご覧になれる国宝鳥獣人物戯画は、実際の制作当時とは違う展開になっていたと考えられています。

鳥獣戯画以外にも、それがかなり行われている巻物があります。
当時の政治的な事件を描いた「国宝伴大納言絵巻」という巻物です。
場面の流れが制作当時とは違うようで、物語がうまくつながらないと言われています。
どうも後世に政治的なもろもろがあった模様で、NGな場面を削除しているかもしれないのだそうです。

う〜んいつの世も……という感じですねgawk

ここがおかしいのでは?
と推測しながら、巻物を繰り返し巻き返してご覧になるのも面白い見方になると思いますhappy01
気になられた方は、こちらからどうぞsign01

ランキングバナー

ブログランキングに参加しています!是非1クリックをよろしくお願いします

投稿者 京都 便利堂 時刻 14時14分 文化・芸術
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

掛け軸の数え方は?【京都便利堂】

ありがとうございます。
京都便利堂でございます。

今日は前回の予告通り、掛け軸についてお送りいたします。


Soukaku

掛け軸は、巻いた状態と掛けた状態で数え方が違います。

clip巻いた状態は「1軸(いちじく)」
clip掛けた状態は「1幅(いっぷく)」
と呼びます。

こちらは屏風と違ってけっこうわかりやすい感じですねhappy01

掛け軸は、部分を呼ぶ名称に特徴があるのです。
京都便利堂老舗モール店にある掛け軸のページをご覧いただくと、仕様の所にいっぱい書かれているのをご覧いただけると思います。

clipたとえば、こんな風にclip
-----------------------------------------
本紙:麻紙
一文字・風帯:白地飛柄金襴
中廻:薄茶地華文遠州緞子
天地:白茶地七々子
軸先:象牙代用
-----------------------------------------

なんのこっちゃ?
そう思われる方もたくさんいらっしゃるかもしれません。
ご存じの方は復習がてらご覧くださいませhappy01

上から順にご説明しますね。

search写真を拡大して別ウインドウで横に並べてご覧いただいてもいいかもしれません。

Jikusou

1は「本紙(ほんし)」と言います。
絵が描かれている部分です。

2は「一文字(いちもんじ)」と言います。
これは、本紙の上下についている裂(キレ)のことです。
綺麗なものをつけて、お軸のアクセントにします。

3は「中廻し(ちゅうまわし)」と言います。
本紙と一文字の外側をくるりと取り巻いている部分です。

4は「天地(てんち)」もしくは「上下(じょうげ)」。
中廻しの上下に当たる部分です。

5は「風帯(ふうたい)」。
だいたい一文字とおなじ裂(キレ)が使われています。
先には糸で作られた房がついています。
これは露(つゆ)と呼ばれています。

6は「軸先(じくさき)」。
掛け物を巻くための木がつけられています。
だいたい杉の木が多いようですが、象牙や水晶なんていうものがつけられている場合もあります。

それぞれにこんな名前があるのですね。
本紙だけを見るのはもったいないsign01

表具の仕方にも様々な様式があります。
また、そこに使われている裂(キレ)の柄、色合いなど
作品とのバランスにより、表具次第で全体の雰囲気も大きく変わってきます。

どれも同じように思って、注意深く見た事がなかった方は
これを機会に、じっくり比べて見て下さいsign01
新たな発見がありそうな、深〜い世界です。

ランキングバナー

ブログランキングに参加しています!是非1クリックをよろしくお願いします

投稿者 京都 便利堂 時刻 13時13分 文化・芸術
| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

屏風の数え方って?【京都便利堂】

ありがとうございます。
京都便利堂でございます。

うさぎは1羽。
イカは1杯。

どっちも1匹じゃないの?wobbly
最初に知ったとき、ちょっと驚いた数の数え方。

美術品の中にも、ちょっと変わった数え方をするものがあります。

屏風は、1隻(せき)・1双(そう)。
掛け軸は、1幅(ふく)・1軸(じく)。

京都便利堂の屏風の商品ページには「仕様」のところに書かれています。
「2曲1双(にきょくいっそう)」とか「6曲1隻(ろっきょくいっせき)」だとか。
ご存じない方は、「なんのこと?」という感じではありませんか?
ご存じの方は、ちょっと復習がてらご覧くださいませsign01

Natsuakikusazu

まず、camera写真をご覧ください。
これは江戸琳派の絵師、酒井抱一が描いた「夏秋草図屏風」。
尾形光琳の「風神雷神図屏風」の裏側に描かれていたことも有名な作品です。

Natsuakikusaissou

まず、屏風は元々2つを向かい合わせにして使うものでした。
これを「1双(いっそう)」と数えます。
向かって右側のものを「右隻(うせき)」、向かって左側のものを「左隻(させき)」と呼びます。
1つしかないものは「1隻(いっせき)」と数えます。

Natusakikusausekikyoku

この作品は、1隻を2つに折り曲げることができますね。
その1つの面を「曲(きょく)」と数えます。
ですので、写真のものは曲が2つありますので「2曲(にきょく)」と呼びます。

これを合体させて呼ぶのです。
ですので、この屏風は「2曲1双(にきょくいっそう)」と数えられます。

Hikone
upこれは、「国宝 彦根屏風」です。
この作品は、6つに曲げることができ、1つしかないので1隻と数えます。
ですのでこの場合は「6曲1隻(ろっきょくいっせき)」と呼ばれます。

Rakuchurakugaizu_2
upこれは、「重文 洛中洛外図屏風」です。
この作品のように、6つに曲げることができて2つあるものは「6曲1双(ろっきょくいっそう)」と呼びます。

屏風の数え方、おわかりいただけましたでしょうか?


ちょっと長くなりましたので、掛け軸のお話しは次回にwink

ランキングバナー

ブログランキングに参加しています!是非1クリックをよろしくお願いします

投稿者 京都 便利堂 時刻 15時15分 文化・芸術
| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

コロタイプって何?【京都便利堂】

ありがとうございます。
京都便利堂でございます。

京都便利堂老舗モール店の商品ページには、全てではありませんが、「印刷方法」という項目がございます。

オフセット印刷やシルクスクリーン、箔押しなんていう言葉が見られますが、一番便利堂らしいのは「コロタイプ」という言葉。

Clematis
↑コロタイプで複製されている、国宝鳥獣戯画の巻物

「コロタイプ」って何?

そう思われる方もいらっしゃるかもしれませんねhappy01

「コロタイプ」というのは、印刷技術のひとつです。
ただし、普通の印刷ではありません

では、普通とどう違うのでしょうか?

世間で一般的に言われる印刷は、オフセット印刷と呼ばれる印刷です。
これは、シアン・マゼンタ・イエロー・ブラックの4色を網点で表現する印刷方法です。
ですから、オフセットで刷られた印刷物をルーペで拡大して見ると、細かい○がいっぱい集合してできているのがわかります。

コロタイプにはその細かい○、網点が存在しません。
searchルーペでどんなに拡大しても、とてもなめらかに見えます。
言うならば写真のような感じに見えるのです。


便利堂では、この技術を使って国宝などの複製を作らせていただいたりもしております。


言葉での説明はちょっとわかりにくいsign01
実物が見たいsign03

そうおっしゃる方は、京都便利堂富小路店東京店
それから全国にある美術館の直営ミュージアムショップにお越しいただくのが一番良いかと思います。
けれど、今回、ちょっと違ったところでもご覧いただけますsign01

何処?

それは本屋さんsign01

「デザインのひきだし」という、デザインや印刷の情報誌に、印刷見本をつけていただいております。
写真家の新津保健秀(しんつぼけんしゅう)さんと南彩乃(みなみあやの)さんの作品ですよ。

伊藤ガビンさんに便利堂のコロタイプを取材記事にしていただきました。

コロタイプについてもご紹介いただいておりますので、是非、お手にとってご覧いただければと思いますsign03

Desinnohikidashi7
upこの赤い表紙が目印です。

この「デザインのひきだし」という本は、デザイナーやプランナーの人がよく読まれる本なのですが、一般の方が読まれてもわかりやすく、楽しく読める本です。
印刷や紙の見本がついていたりします。
でも、ご興味のある方は今すぐ書店へsign03
こんなにいっぱい見本やらなんやらがついているのに2000円という破格値sign01
ですのでやはり超人気本なんですね。
すぐに売り切れているんですよ。

ランキングバナー

ブログランキングに参加しています!是非1クリックをよろしくお願いします

投稿者 京都 便利堂 時刻 13時13分 文化・芸術
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

アジサイ似【京都便利堂】

ありがとうございます。
京都便利堂でございます。

紫陽花が綺麗な季節となりました。
京都市内ではそこかしこで色とりどりに花開いています。
Gakuajisai

updownこれは紫陽花の1種でガクアジサイです。


Gaku2

紫陽花によく似た植物でアマチャというものがあります。
ユキノシタ科の植物で、見た目はこのガクアジサイとよく似ています。

しかし、ただの観賞用の植物ではありませんsign01
ある方のお誕生日に盛大に使用されるのですsign03

誰のお誕生日?

それはお釈迦様sign03

4月8日と少し前にはなるのですが、
この日は全国各地のお寺でお釈迦様が誕生されたときの姿の仏像にアマチャから作ったお茶をかける習慣があるそうです。
その日のことは、「花祭り」などと呼ばれています。

仏像にかけるだけでなく、参拝客にふるまいもあるそうで、
飲んだことがある人に感想を聞くと、
「お砂糖が入っているの?と思うくらい甘いお茶。」
「見た目は茶色でお茶という感じ。しいていうなら甜茶に似ている?」
だそうですhappy01

アマチャは薬用でも使われているようです
先日ご紹介したユキノシタという植物も食用にも薬用にもできるので、
この属の植物は役に立つものが多いのですねshine

紫陽花もユキノシタ科の植物です。
外来種も存在していますが、実は日本古来からある植物です。
酸性の土壌である日本では、青いお花の方が多いようですね。
神坂雪佳の描く紫陽花も青いお花です。
写真のようなピンク系のお花のものは、アルカリ性の土壌で育つそうです。

ランキングバナー

ブログランキングに参加しています!是非1クリックをよろしくお願いします

投稿者 京都 便利堂 時刻 13時13分 日記・コラム・つぶやき
| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

愛情【京都便利堂】

ありがとうございます。
京都便利堂でございます。

最近微妙なお天気続きの京都。
もうすぐrain梅雨入りする模様です。
植物たちには恵みの雨になるのでしょうかね?
雨の似合う紫陽花がとても綺麗に咲いていましたhappy01

Ajisai

紫陽花は、おうちの軒先でも栽培されているのをよく見かけます。
ですが、今日は今の季節に咲く違う植物を取り上げてみたいと思います。

「ユキノシタ」という植物をご存じですか?
写真を撮ることができなかったので、ポストカードに描かれているのをご覧ください。

Yukinoshita
up京都便利堂オリジナル 染型撰 夏 格子と雪の下

※↓ユキノシタの写真が手に入りましたので掲載しますcamerashine
 (2009年6月9日14時)

Yukinoshitaflower


ハート形の葉っぱが可愛いらしい植物です。
6月に小さな可愛らしい花をいくつも咲かせるのですが、
緑色の大きな葉の上に小さな白い花がつくものですから、
雪の下に葉っぱがあるように見えたとかでこの名前がついたとも言われています。

この植物、見た目には大変可愛いのですが、実はとても強い植物です。
それこそ雪が降る寒い季節、雪の下でも葉っぱは緑のまま。
(だからユキノシタという名前になったという説もあります。)
いわゆる常緑多年草と呼ばれるものです。

このheart01ハート形heart01の葉っぱは、天ぷらやおひたしなどにして食べられたりもしています。
また、葉の煎じ汁は薬用にもなるそうで、中耳炎などに用いられるそうです。

そんな風に用いられたからか、ユキノシタの花言葉は「愛情」heart04

確かに、雪の下で寒さを我慢してくれて、
食べることもでき、薬にもなるんですもんね。
一番ぴったりくる花言葉かもしれません。

ユキノシタが生えているところを見つけることができなかったのですが、
湿り気のあるところにたくさん生えていたりするそうです。
なかなかの繁殖力も持っているそうですよ。

ランキングバナー

ブログランキングに参加しています!是非1クリックをよろしくお願いします

投稿者 京都 便利堂 時刻 13時03分 日記・コラム・つぶやき
| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

仏像の上下関係とは?【京都便利堂】

ありがとうございます。
京都便利堂でございます。

この週末、東京国立博物館で開催している「国宝 阿修羅展」が終了します。
東京会場は6月7日で終了ですが、このあと7月には九州国立博物館に巡回しますよsign01
7月14日〜9月27日とおよそ2ヶ月展示されています。

さて、この先日まで取り上げてきた阿修羅は仏像なのですが、
仏像にも種類があることはご存じでしょうか?

たとえば、大日如来だとか、普賢菩薩だとか、帝釈天だとか。

実はこれ、名前の末尾で階級を表しているのだそうです。
そこにおさまらないものもたくさん在るのですが、大まかに分けるとこのような感じです。

Kirie

最も位が高いのが大日如来や阿弥陀如来などの、名前の末尾に「如来」 とつく仏像。

3番「法隆寺 国宝 阿弥陀三尊像(あみださんぞんぞう)(伝橘夫人念持仏)(脇寺は菩薩)」
6番「東大寺 国宝 盧舎那仏坐像(るしゃなぶつざぞう)」
8番「室生寺 国宝 釈迦如来立像(しゃかにょらいりゅうぞう)」
が如来です。

次に位が高いのが、「菩薩」。

普賢菩薩や弥勒菩薩、千手観音菩薩などです。
写真では2番「唐招提寺 国宝 千手観音立像(せんじゅかんのんりゅうぞう)」と3番の左横にいる脇侍が菩薩です。

三番目の位が「明王」。

愛染明王や孔雀明王、不動明王などです。
写真には残念ながら写っていませんsweat01

四番目の位が「天」。

帝釈天や梵天、そして阿修羅もここに入ります。
1番が「東大寺 国宝 金剛力士像(吽形)(こんごうりきしぞう うんぎょう)」
4番が「東大寺 国宝 金剛力士像(阿形)(こんごうりきしぞう あぎょう)」
5番が「新薬師寺 国宝 十二神将立像のうち伐折羅大将像(じゅうにしんしょうりゅうぞうのうちばさらたいしょうぞう)」
7番が「興福寺 国宝 八部衆立像の内阿修羅像(はちぶしゅうりゅうぞうのうちあしゅらぞう)」
これら全てが天部です。

その違いは??

如来は悟りを開いた姿。

菩薩は将来悟りを開くために修行をしている最中。
人々を救済するために働いています。
56億7000万年後に如来になれるそうです。
途方もない数字ですね。。。coldsweats02
でもそれだけ頑張れば如来になれるのでしょうね。

明王は大日如来の使者。
だいたい怒りの表情をしています。
仏教の敵を追い払うお仕事をされているので、剣などの武器を持っていることが多いです。

そして、天。
これはヒンドゥー教など仏教以外の神様が仏教の中に取り入れられた姿です。

仏教を守護する役割を担っています。
京都の東寺にもいらっしゃる帝釈天は、ヒンドゥー教では最高神のインドラという神様です。
阿修羅がアスラと呼ばれ、悪神とされていた時、戦いを挑んでいた神様はこのインドラです。

このように同じ仏像と言ってもそれぞれ特徴や役割が分れているからこそさまざまなスタイルがあるのですね。

今回ご紹介した写真の絵はがきは、西村幸祐氏の切り絵作品「ならのみほとけ」をコロタイプ印刷で表現したものです。
奈良県にあるどれも有名な国宝の如来や菩薩、天など8体がセットになっています。
切り絵ならではの白黒のコントラストが、深い黒色のコロタイプ印刷でより際立つ商品です。
京都便利堂 東京店では、6月20日まで販売となりますので、是非お手に取ってご覧頂ければと思います。

皆様のご来店心よりお待ち申し上げておりますhappy01

ランキングバナー

ブログランキングに参加しています!是非1クリックをよろしくお願いします

投稿者 京都 便利堂 時刻 13時13分 日記・コラム・つぶやき
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月)

阿修羅のヒミツ2【京都便利堂】

ありがとうございます。
京都便利堂でございます。

前回、阿修羅像 について少し書かせていただいたのですが、もっと阿修羅のことが知りたいというお問い合わせをいただきましたmailto
ありがとうございます。

東京国立博物館で現在行われている「国宝阿修羅展」は6月7日で終了となっていますが、京都便利堂東京店では6月20日まで仏像特集を行う予定です。

さて、ご案内はこれ位にして。
今日も阿修羅のお話しですsign01

阿修羅はもともとインドでは「アスラ」と呼ばれ、神と戦う魔神のような存在でした。
元々は仏教の神ではなく、別の宗教の神様でした。

それが仏教の中に取り入れられ、仏法を守る役割を担っています。

敵を威嚇し退散させる守護神として表わされているので、多くの阿修羅像は忿怒相という怒りの表情で表わされています。

この「阿修羅展」で展示されている興福寺の阿修羅像もまた、八部衆という異教の神々が仏教の中に取りいれられた形で表されます。

しかし、興福寺の阿修羅像は恐ろしい顔はしていませんよね?

興福寺の阿修羅像は『金光明最勝王経』と言うお経に書かれた「夢見金鼓懺悔品」という章の一説を表現したといわれています。
夢見心地の響きを聞いていて、仏教に帰依した所だと言われています。
ですので、怒りの表情ではなく、こんなおだやかな表情をしているのですねhappy01

もともとこの阿修羅像は興福寺の西金堂に安置されていました。

現在このお堂は焼失したまま、再興されていないので当時の空間がどんなものであったかは想像するしかありません。
その手がかりとなるのが、鎌倉時代に制作された春日大社と興福寺を描いた現存最古のものである「興福寺曼荼羅図」(京都国立博物館蔵)です。

この曼荼羅の西金堂部分には、釈迦三尊を中心に、八部衆や十大弟子が堂内に並べられている様子が描かれております。
その西金堂部分のみをアップにしたはがきがありますsign03
Mandara_2
阿修羅は向かって左の一番上の赤いやつsign03

しかしこのお堂には実際入る事は出来なかったようで、一般の人は阿修羅像の存在なんて知らない人がほとんどだったのでしょうね。
実際、仏教の中ではあくまでも八部衆と言う括りの脇役ですし・・・

しかし、現在はその表情に多くの方が魅了されています。
ただいま京都便利堂東京店で販売し、ご好評を頂いているコロタイプ印刷による額絵は阿修羅の顔がアップになっているもので、その表情を堪能することができます。
Asyura_2
この額絵は東京国立博物館の展覧会場では販売されておりませんのでご注意くださいpaper

また、八部衆の顔がアップになったはがきのセットもございます。
Hachibusyu
顔は鳥の嘴のカルラや蛇を頭に抱きつつも幼子を思わせるサカラなど、それぞれ特徴的な表情を見せる八部衆のそれぞれの顔を見比べてみるのも面白いかと思います。

ぜひこの機会に京都便利堂東京店の仏像特集ご覧ください。
皆様のご来店お待ちしておりますhappy01

仏像の上下関係のことを知りたい方はこちらをクリックsign01

ランキングバナー

ブログランキングに参加しています!是非1クリックをよろしくお願いします

投稿者 京都 便利堂 時刻 18時06分 日記・コラム・つぶやき
| | コメント (0) | トラックバック (0)