« 2006年1月 | トップページ

2006年4月11日 (火)

用の美をはなれた工芸は無い

上記表題はある有名な金工作家の持論です 京都には現在もなを日本のあらゆる分野の伝統技術が集積されている都市です 日本人の伝統的な「手の技」は世界最高の工業製品を作り上げた背骨をなしてきたことは疑いのないところです

昨今の急激なライフスタイルの変化は本来の伝統技術は限られた分野でしか必要でなくなる傾向にあります この流れを止める一つの方法は表題に掲げました「用の美」を大切にする日常生活の美意識の復活です 容器であれば何でも良い 空腹を満たせれば何でも良いという生活の仕方に疑問を持つことです

当老舗モールでも利便性が最優先する風潮を止め 現代のライフスタイルに受け入れられる質の高い商品を1年がかりで開発しました 私の知る限りこのタイプの商品は目にしたことはありません もしあればご教示ください

商品の詳細は「京の新しい息吹の工芸品の部」の

陶漆カフェボウルをご覧ください

投稿者 阿部 達三 時刻 15時14分
| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

桜の季節の自然の恵み

京都の町のまんなかで生まれ育った京都人は京都に海があることを時々忘れることがあります なんと横着な との反省から老舗モールに 丹後の「魚政」さんにご出店いただきました どれもみな美味しいですが 今回出された「白えび」は絶品です これからが旬で桜の咲くころに獲れるので「桜海老」ともいうそうです 味は「甘エビ」と「ボタン海老」のあいだで極めて美味 大きさもちょうど中間の大きさです お値段は驚くほどお値打ちの京丹後の自然の恵みです だまされたと思って是非お試しください

商品詳細は魚政さんのお店でご確認ください

投稿者 阿部 達三 時刻 15時30分
| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本人と桜

京都は今桜の最も美しい季節です 日本人の桜好きは普通の感覚を超えて「特別の花」と感じているようです 何が特別なのかー簡単に言えばー花の一つ一つは清楚で美しく満開の桜木は絢爛にして豪華なこと そのうえ咲いている期間は極めて短く なんの未練げもなくアッというまに美しく散ることにあるようです 
普通の美意識でいえば美しい花はもっと長く咲いていてほしいし 永く鑑賞できたほうが良いと思うはずですが 日本人の美意識は特別なものがあるようです

考えてみれば日本列島ほど自然災害の多い国は珍しいと思うのですが 日本の家屋は紙と木でできています もっとも風水害に弱い家に平然と住みつずけてきました

人間はいつか死ぬ 死ぬことが避けられないなら せめて美しく死のう 桜の花の散るごとく という死生観で生きる不思議で誇り高い民族です だから桜の花が大好きで神聖視しているのです 最近の日本人の卑しさは何かにつけ出処進退に潔さが欠落していることでしょう

投稿者 阿部 達三 時刻 15時01分
| | コメント (0) | トラックバック (0)