« 2005年10月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年11月30日 (水)

皇位継承と京都

有史以後の日本は天皇と御住まいされていた京都を抜きに日本の歴史は語れません

御皇室の継承をあくまで伝統を守って男系でなければならないのか女帝を認めるかの論議がされています この論議は前提として天皇家をいかに永遠に存続させるかにあるので私個人としては永続性の可能性の高いほうが良いと思っています
皇位継承者の問題は解決しても 未来永劫天皇家が存続しつずけるかどうかに一抹の不安を感じています 東京は日本の首都として政治 経済 金融 情報など一国の重要な機能があまりにも集中しすぎています
国民の象徴としての天皇はその渦中に御住まいされています 象徴というあいまいな立場より日本の文化の継承者としての立場を明確にされ 文化庁を引き連れて京都にお帰りいただいてはどうかと思います 過去のどの国どの時代にも文化が政争の具になったり外国との軋轢を引き起こしたことはないのですから さすれば日本そのものが無くならない限り天皇家の永遠の安泰は約束されるでしょうし日本の文化 特に伝統文化も活性化するでしょう

投稿者 阿部 達三 時刻 16時52分
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月18日 (金)

美しい生活への提案 その2

昨今は日本人が嗜むアルコールの種類は大変多岐にわたり日本酒が停滞ぎみですが
京都には日本有数の歴史と伝統ある伏見の蔵元が健在です

昔から酒は 百薬の長 どんな薬に勝るものとして日本人に愛されてきた歴史があります 長年米を主食としてきた日本人にはやはり日本酒が最も身体にも良いと私は信じています
飲み方も 常温で 冷やして オンザロックでと好みにあわせれば同じ酒がまったく違った表情を見せてくれます が 私は日本酒の正統的な飲み方は燗をして日本料理とともに楽しむのが最高の日本酒の味わい方だと信じています

そこで今日は酒を燗するために不可欠の作品をご紹介します

1838年 天保九年創業
清課堂 山中源兵衛さんの 純銀製 タンポ 1合入り 56700円です
詳しくは当モールでご確認ください

最近の日本には100円ショップなどがはびこり 安ければ安いほど良いとの価値観が定着しつつあります 日本の文化にとって由々しき一大事です 本当に良いものは材料を吟味し時間をかけて丁寧に作りあげられるものなのです

投稿者 阿部 達三 時刻 13時14分
| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年11月 8日 (火)

美的生活への提案

毎日いやな事件の頻発する昨今の日本です
せめて毎日の自分の生活を美しくと考えている方々に美しい食器の提案です

日本人は伝統的に清潔で簡素なものに美を感じてきた国民です 江戸末期日本を訪れた外国人の殆んどが日本の町並みの美しさに感動し 彼らが見てきた東洋のどの民族よりも素晴らしい文化を育てた特別な国民と絶賛しています 庶民の家々の生活ぶりにも規律があり美があったにちがいありません
殺伐とした現代社会に住むわたしたちも毎日の生活に美を意識しませんか その方法として毎日使う道具を趣味の良いものを使ってみることを提案します

今日推薦するのは食器 清水焼です

お店は田村莱山  古赤絵角皿 18900円{税込み}です
絵柄はこのモールに掲載してあります 実物は写真よりはるかに素晴らしいものです

人と人の縁も大切ですが人と物の縁も大事にしたいものです

投稿者 阿部 達三 時刻 15時39分
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 2日 (水)

くりやの金の実

京都の加工技術の素晴らしさを具体的に感じていただく商品として和菓子が挙げられますこの「老舗モール」でもその一部を紹介していますので じっくりご覧ください
京都の和菓子の伝統はそれを支えるパトロンの存在があります それは天皇を中心とする公卿の世界 茶道をはじめとする各種家元 神社仏閣などです さらに京の和菓子屋さんの特徴はそれぞれの老舗は自家を代表する逸品を持っていることです この老舗モールもそのような紹介をしています

今日はタイトルの品についてーーー「くりやの金の実」は読んで字のごとく栗の実のお菓子です 京都は栗の名産地として丹波地方があります 京都の和菓子のなかでも生菓子は精緻な技術を駆使して一個のお菓子に自然そのものをとりこんでしまうような見て美しく食べて美味しいものがあります
それに比較して栗の実そのままを黄金にみたて 栗独特の食感を損なうことなく淡白ななかにも十分な甘さを秘めた名品です
和風マロングラッセと評する人がいますがまったく別物です 文化が違います 似ているといえば栗を形を崩さずに仕上げるというところだけです

その上一個一個を黄金色のセロファンで個装し さらに升目に仕切られたちいさな空間に丁寧に収められています 熨斗紙 包装紙も美麗で これこそ付加価値の見本のような見事さです

くりやの金の実 10個入り 2415円です

投稿者 阿部 達三 時刻 17時19分
| | コメント (0) | トラックバック (0)