トップページ | 2005年11月 »

2005年10月31日 (月)

千枚漬談義

京都に生まれ育ち生活し 数限りなく京漬物を食してきましたが
今回いただいた大藤さんの千枚漬ほどおいしく感動したことはありません 絶品です
おおげさに言えば京都の加工技術の凄さというか食文化の奥行きというかーーー本来お漬物は料理の主役にはなりえない存在です にもかかわらず京都人は永い間自然の恵みをいかにおいしく加工するかに研鑽を重ねてきたのかと驚きを新たにしています

大藤さん ありがとう

かずあるお漬物でも千枚漬ほど各社で微妙に味がちがう商品はすくないと思います
嗜好は当然各人異なりますから 究極の味はありえないと考えています
これから千枚漬のおいしい季節になります 各社秘術を尽くした商品が並びます
皆様の好みで京の食文化をお楽しみください

私が購入し感動した商品はこの老舗モールで
430g樽入り 3150円の商品です 詰め方も美しいです

投稿者 阿部 達三 時刻 17時43分
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月19日 (水)

京都ってなんや?-断章ー

明治百年を記念して行政が100年以上経過している企業を表彰するべく調査したところあまりの多さに驚いたと仄聞しました
京都市内だけで1000社以上あるそうです また神社仏閣が市内だけでこれまた1000現存するとのことです このような町は世界中でも京都しかないのではないかとー調査したわけではありませんので確たるものではありませんがー
この事実は京都の明確な特徴のひとつであると思っています 14年前この事実をさらに実証すべく小冊子「京都」を発刊し80号取材先は544社になります 1000社の取材を終えるのには道半ばというところです

老舗モールはこの取材編集活動を背景にたちあがったモールです
老舗とは何か についてはいずれ述べたいと思いますがともあれ100年以上存続しつずけている企業を老舗と規定しました
かつて日経が企業の寿命30年と規定し記事を展開したことがありますから100年といえばそれはそれなりに語るべき内容があります 弊社発行の情報誌「京都」で京を語るとして取材しておりますので興味のある方は老舗モール事務局へお問い合わせください

観光地としての顔を持つ京都 1200年の歴史と伝統を今の生活に継承している生活者の息吹ーわかりやすい例をあげれば祇園祭の運営などー今は祇園祭は観光資源のように思われていますがー1000年以上前に観光資源として起こった祭りでは決してありません

京都の歴史と伝統が 町衆の普通の毎日の生活と習慣が日本の伝統文化として評価されていますがその奥行きは深いのです 京都を単純に観光地として見られると京都は少し困るのです

投稿者 阿部 達三 時刻 13時11分
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月18日 (火)

京都は観光都市か?

憶えておられる方もいらっしゃることと思いますが 15年ほど前のことですが京都の景観論争が起こったことがあります その原因は京都の中心に位置するホテルの建て直しの際の高さ制限と並行してJRの京都駅周辺の再開発がいずれも古都京都の景観を損ねるという理由で行政が認可したにもかかわらず仏教会がそれに反対し 一時拝観を拒否する騒ぎになりました
結果は中心部のホテルは予定の高さを低くするこで またJRは京都人から言わせれば京都の南の端ということであまり問題にならず現在の異様な景観が完成したのです
私はその紛争に直接かかわる立場ではなかったのですがその機会に京都とは何や?
京都は誰のものか?を考えてみました

せっかく遠くからいらっしゃった観光客の拝観を拒否する態度をみても もともと京都に長年住まいする京都人は京都を観光都市とは考えていません
考えてみれば京都の人気の観光スポットである神社仏閣は数百年前に建立されそれらを観光資源にしようとの意図などまったくなかったのです
1200年の歴史と伝統が結果として鑑賞に耐える歴史の遺産として多数現存し日本人の心の故郷として限りない憧憬を与え年間4500万人の方々が観光客としていらっしゃる町ではありますがーーー

以上の理由からこの老舗モールは観光としての視点よりも 京都人が長年蓄積したソフトウエアである加工技術ー伝統工芸 和菓子 料理などなどーの素晴らしさを商品でまたは作品で一堂にご覧いただくことを趣旨として立ち上げたモールなのです

投稿者 阿部 達三 時刻 13時56分
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月17日 (月)

ブログと向き合って

ついこの間まで一般市民がマスメディアー新聞・TV-に直接意見を言うことはできませんでしたが 急速に普及し今後の進化ははかりしれない可能性を持つインターネットはそのことを可能にしてくれました
多数の人々の意見を世論というのでしょうがかつてのマスメディアは時として世論を捏造し誤った社会の風潮を作ってきた負の要素があります-もちろん総てそうだといっているのではありませんー
各界のリーダーたとえば政治家・学者・高級官僚・ジャーナリスト等指導的立場にある人たちが必ず正しい主張をしているわけではありません むしろ普通の市井の名もない人たちの声が一番真ともであることが多いのです 特に日本人にはいまだ道徳的生き方がDNAとして残滓しているおかげか正論を言う人々が多くおられます

このブログに書き込まれる内容は非難中傷虚言にいたるまで必ずしも正論だけが展開されるとは限りませんが 誰に読まれるかもしれないメディアに書く以上無責任なことは書けないなと思っています

投稿者 阿部 達三 時刻 15時01分
| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月14日 (金)

老舗モールとは

京都といえば一般的には観光都市としてのイメージをお持ちでしょう
その上観光情報は主にマスメディア 雑誌 テレビなどを通じ東京から発信されていました京都情報が京都からではなく東京から発信されていましたがインターネットは発信のコストが大変廉価であることから地元京都からの発信が可能になりました
ということは 本当に京都に精通した人々により真の京都がリアルタイムに発信できるということになります

この老舗モールは 「京都1200年の伝統の今」を優れた伝統技術に支えられた商品や作品を幅広くまた奥行き深く世界中の人々にご提示し日本の伝統文化を継続発展させることをコンセプトにしております

美しい画面で日本の伝統文化をお楽しみください

投稿者 阿部 達三 時刻 15時10分
| | コメント (1) | トラックバック (0)